*アラサー旅行記*

アラサーだって旅に出たい!と勢いで日本を飛び出したバックパッカー歴早2年のカップルのブログです。現在はオーストラリアにてワーキングホリデー中!旅情報やお仕事情報なんかを発信しています。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

ボリビアのラパスってどんなとこ?【標高・治安・町の様子】など紹介!

 

さて僕らが南米最初の地として降り立ったのはボリビアのラパスです。
今回はなんか南米のボリビアって聞くと治安とか気になるっていう人のためにラパスの街の様子や僕らが実際に感じた治安などについてご紹介していきたいと思います。
 

☆ラパスの標高

標高はすごぶる高く、3640mもあります!!
そしてなんとなんとラパスの空港であるエル·アルト空港は4061mと世界一の高さを誇っております!!
そのためラパスについて2~3日は高山病の症状がでて軽く頭痛がしたり、歩くだけで息切れがしたりと大変でした。。。
せっかく短い休みでボリビアに来たし初日から観光しまくるぜ!!って方は注意が必要です。おそらく体調と相談しながらになるので予定にはゆとりを持たせましょう!
 

☆空港から市内までの交通アクセス

緑丸···エル·アルト国際空港
水色丸···ラパス市内
 
空港から市内までのアクセスですが、基本的にはタクシーまたは路線バスになるかと思います。
タクシーは使っていないので値段はわかりませんが、路線バスならなんと市内まで4ボリビアーノ(約60円)で行くことが出来ます。
乗り場は空港を出てすぐなのでわかると思いますが、インフォメーションカウンターでも教えてもらえるので聞いてみましょう!
                                                                                              【市内地図】

緑丸···バスターミナル
オレンジ丸···サンフランシスコ教会
水色丸···Banco Nacional de Bolivia 
 
空港からの市バスが止まるのはオレンジ丸のサンフランシスコ教会の前です。

こちら立派なサンフランシスコ教会。
ラパスのハチ公前的存在です(適当)
 

路線バスはこんな感じでハイエースにぎゅうぎゅうです笑。
市内を走ってるのも沢山あり、こちらは2ボリビアーノと格安なので慣れてきたら使ってみてください。
どこ行きかを見分けるのが大変ですが笑
 

☆市内の様子

こちらはバスターミナル 。
ラパスから出るバスも入るバスも大抵ここからです。
 

どこかヨーロッパを彷彿とさせる街並み。
雨の日は石畳が ツルツルになります。
 

f:id:bpj0236:20190107153204j:plain

何となくネパールっぽさもあるような。。。
 

こちらメルカド(マーケット)です。
 

服に使われる毛糸類から
 

怪しげな薬まで何でも揃います笑
 

☆テレフェリコ

なんとラパスではテレフェリコというロープウェイが電車代わりに使われており、1乗車3ボリビアーノで空中散歩を楽しむことが出来ます。
僕らはすべての路線を制覇しました笑
 

スキーのリフト乗り場みたいです。
 

f:id:bpj0236:20190107153110j:plain

f:id:bpj0236:20190107153005j:plain

こちらテレフェリコからの眺め。
天気が良ければワイナポトシ(6088m)も拝むことができます。
 

☆ボリグルメ

ボリビアの飯はあまり評判がよくないと聞いていたのですが、僕達的にはわりとどれも美味しかったです。
基本的には肉系しか食ってませんが笑。。。
値段もお手頃でお財布にも優しかったです。
 

f:id:bpj0236:20190104175036j:plain

こちらはバーガーの露店で、普通のハンバーガーが5ボリビアーノ、シュラスコ(ステーキみたいなん)入りが8ボリビアーノととてもお手軽です。味はそこそこ!!
 

こちらエンパニャーダ。中の具は色々あった自分好みのエンパニャーダを見つけましょう!
値段はまちまち!
 

こちら行きつけのシュラスコ屋さんのランチ。
このボリュームで1人5ボリビアーノ(160円ほど)!!
毎日のように通ってました。
 

☆治安について

街の商店やレストランなどは閉まった後はこれでもかというほど鎖と南京錠でロックされますし、ズボンのポケットなんかには絶対に携帯・財布などの貴重品は入れてはいけません!!
僕は2日目の夜にマーケットを歩いていたところ、泥のようなものを頭にかけられ、パニックになっている間にポケットに入れていた携帯電話をすられてしまいました・・・。
すごい早業で携帯がなくなっていることに全く気付けませんでした・・・。
夜もマーケット等は電気が明るく人気も多いので治安の悪さはそこまで感じなかったのですが、そんな出来事が起きても誰も助けてくれませんし止めてもくれません。
油断せずに自分で気を付けていれば未然に防ぐことが出来ますので貴重品は必ずチャックの付いたポケットまたは内ポケットなどにしまうようにしてください!!
 

☆まとめ

携帯はすられたもののボリビアのラパスは本当にファンタスティックな街で、また是非行きたい!!と本当に思います。
入り組んだ路地を歩くだけで楽しかったし、テレフェリコでの空中散歩は本当にロマンです!!特に夜景がもう最高にきれいです!!
ご飯も結構おいしいし、物価も安いので観光地としては◎◎◎でした。
日本から遥か彼方の南米ではありますが、是非とも訪れてもらいたい素敵プレイスです。
 
現場からは以上です。
では!!