*アラサー旅行記*

アラサーだって旅に出たい!と勢いで日本を飛び出したバックパッカー歴早2年のカップルのブログです。現在はオーストラリアにてワーキングホリデー中!旅情報やお仕事情報なんかを発信しています。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

【アウストラル街道】エルチャルテンからビジャオヒギンスまでの行き方

f:id:bpj0236:20190914181551j:image

 

今回ご紹介するのは「晴れていれば世界一美しい街道の一つ」と言われている南米の秘境アウストラル街道へのアクセス方法です。
南北に長い街道なので本記事ではアルゼンチンのエル・チャルテン(El Chalten)という小さな町からチリのビジャ・オヒギンス(Villa O'Higgins)という村までの行き方に焦点を当てて説明していきます。
公共交通機関が極端に少なく、ネットでの情報も少ないのでこの記事が誰かの参考になればなと思います。
 

☆アウストラル街道とは


f:id:bpj0236:20190914181655j:image
そもそもアウストラル街道ってどこからどこまでのことを言うの?ってところから説明しますと、北はプエルト·モン(Puerto Montt)という魚市場が有名なチリの港町から南はビジャ·オヒギンス(Villa O’Higgins)というチリの度が付くほどの田舎町まで南北に長いチリを1,240kmにわたって貫く国道7号線のことです。
アメリカにルート66というあの広大なアメリカ大陸を西から東まで横断する超歴史ある道があるのをご存知の方は大体チリのルート66みたいなものだと思ってもらえればイメージがしやすいと思います。
ただ違いはアメリカのルート66は超有名で観光客が集まるしアクセスもしやすいですが、このアウストラル街道へのアクセスは最悪で道自体も未舗装路が多いってことです・・・。
でもまぁ良く言えば過度に観光地化され過ぎず、パタゴニアの美しい自然を堪能することができるってことですね!!
 
 

f:id:bpj0236:20190128142652p:image

オレンジ丸···プエルト·モン
緑丸···コジャイケ
水色丸···セロ·カスティージョ
赤丸···ビジャ·オヒギンス
黒線···アウストラル街道
 
はい、手書きで申し訳ないですがザッッックリこんな感じです笑。
僕らはアウストラル街道の全行程を制覇したわけではないのですが、南からスタートしました。
 

☆ビジャ・オヒギンス行きコレクティーボオフィスの場所

 
【エル·チャルテン市内図】

f:id:bpj0236:20190128142622p:image

オレンジ丸···バスターミナル
水色丸···コレクティーボオフィス
 
エル·チャルテンは小さな町で、バスターミナルは1つしかありません。
バスターミナル内にツーリストインフォメーションもあり、かろうじて英語が通じます!!ので聞きたいことはここで聞きましょう。
ここら辺の田舎町では普通にシエスタ文化が色濃く残っているので基本昼休憩がめっちゃ長いので時間には余裕を持っていきましょう笑。
 
水色丸がエル・チャルテンからビジャ・オヒギンス方面行のコレクティーボ(乗り合いバス)をだしている会社のオフィスなのですが、外見では本当にコレクティーボオフィスなの??って感じで分かりにくいため、まずはツーリストインフォに行って確認することをお勧めします!

グーグルマップにも会社情報がなかったためポイントを打っておきました。
オフィスの従業員は英語が話せる人でしたが運が悪いとスペイン語オンリーになってしまうかも・・・笑。
とりあえず行ってみましょう!!
 

☆エル・チャルテンからビジャ・オヒギンスまでの行程

f:id:bpj0236:20190128142633p:image

黒線···コレクティーボ
水色線···徒歩orボート
黄色···徒歩
オレンジ線···ボート
 
コレクティーボオフィスに行くと、オヒギンスまでの行程を説明してもらえます。
僕らが行った時は英語が話せる人が対応してくれました。
  1. まずコレクティーボに1時間半乗車で水色線まで向かう。500アルゼンチンペソ(1500円程)
 
  1. 水色線の区間は縦に細長い湖があり、ボートに乗るか、脇にある林道を歩くか選べます。ただこのボートがまた高く、一時間しか乗らないのに700アルゼンチンペソ(2000円程) します。かといって乗らないと結構な悪路を数時間歩くことになります。
 
  1. 確か15km??の徒歩になります。 チリのボート乗り場まで行き、オヒギンスまでのボートを待ちます。ただこのボートが週に3回しか出ていないのと、欠航が多く、最悪2.3日待機しないといけないかもしれません。
 
  1. ボートにタイミングよく乗れればようやくオヒギンス村に着きます。しかしこのボートがくせもので値段は一人なんとUS70ドルもします。。。高杉。。。
 ※アルゼンチンの物価は異常な程のインフレ状態にありますし、現在も進行中です。本ブログで紹介している値段は2018年4月時点でのもので、今後さらに値上がりする可能性大です。行かれる方は値上がりしててもがっかりせず柔軟に対応してくださいね!
 
徒歩ルートはお金を払えば馬を借りることが出来たりします笑。
と、いうことは徒歩ルートは馬の糞だらけかもしれませんね・・・。
金を払って快適を取るか、ケチって糞の上を歩くか・・・究極!!
ちなみに僕らはこの行程のめんどくささと、いちいちかかる高い移動費が嫌になってこのルートを行くのを辞めました笑
時間が推していてどれだけ時間がかかるのか把握しにくかったというのも理由の一つです。
まぁどうしてもアウストラル街道を制覇したい!という人向けのルートですね。
 

☆おすすめアウストラル街道の省略ルート

f:id:bpj0236:20190128142644p:image

 オレンジ丸···エル·チャルテン
黄色丸···ロスアン·ティグアス
水色丸···チレチコ
緑丸···プエルト·グアダル
紫丸···プエルト·リオ·トランキーロ
 
1.エル·チャルテン→ロスアン·ティグアス
2.ロスアン·ティグアス→チレチコ
3.チレチコ→プエルト·グアダル
4.プエルト·グアダル→プエルト·リオ·トランキーロ
という感じです。
 
詳細は別記事にて紹介しているのでこちらをご参照ください。
 

☆最後に

今思えば金を惜しまずビジャ·オヒギンスに行ってもよかったなーとか思いますが、何かと交通機関の高いアルゼンチンに参っていたのも確かです笑。
予算と時間に余裕のある方は是非ともチャレンジしてみてください!
中々の冒険旅行が出来るのではないでしょうか(^^)
現場からは以上です。
では!!