*アラサー旅行記*

アラサーだって旅に出たい!と勢いで日本を飛び出したバックパッカー歴早2年のカップルのブログです。現在はオーストラリアにてワーキングホリデー中!旅情報やお仕事情報なんかを発信しています。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

パタゴニアの名峰フィッツロイでのトレッキング情報まとめ

 

見所満載なパタゴニアでのトレッキングですが、前に紹介したパイネ国立公園の次に楽しみだったのがこのフィッツ·ロイでのトレッキングです。
何を隠そうこの山は、あの超有名アウトドアブランドである"パタゴニア"のロゴにもなっている山です。
実際に行って、めちゃくちゃ絶景なのに町からのアクセスが最高で、さらに国立公園の入園料無料、キャンプサイトも無料というアルゼンチンらしからぬ場所だったので是非ともご紹介したいと思います!
 

☆ エル・チャルテンへのアクセス

黒丸···ロスアン·ティグオス
水色丸···ヴィラ·オヒギンス
オレンジ丸···エル·チャルテン
緑丸···エル·カラファテ
 
フィッツ·ロイの最寄り町はエル·チャルテンという小さな町です。
僕らはエル·カラファテよりバスで向かいました。
片道4時間ほどで、料金は800アルゼンチン·ペソ(2600円程)でした。

 ちなみにアウストラル街道入り口の町ヴィラ·オヒギンスまでのアクセスもこの町から出来ます。
また、チリとの国境の町であるロスアン·ティグオスまでや、サン·カルロス·デ·バリローチェまでのバスも出ていました。

 

☆トレッキング情報

赤丸···フィッツ·ロイのビューポイント
水色丸···キャンプサイト2
緑丸···キャンプサイト1
オレンジ丸···エル·チャルテン市内
 
フィッツ·ロイのビューポイントと市内はご覧のとおりでかなり近く、町からも晴れていればバッチリとご尊顔を拝むことができます。
 

雲がいい感じにカッコいい町からの眺め
 
エル·チャルテンの町からフィッツ·ロイのビューポイントまでは登りで6時間ほど、キャンプサイト1からは4時間ほど、キャンプサイト2からは1時間ほどかかるので、朝焼けの時間に間に合わせようと思ったらかなり早くに町を出発する必要があります。
ちなみに僕らはキャンプサイト1に3連泊して朝焼けの燃えるフィッツ·ロイを見ようと毎朝3時半に起き、4時間かけてビューポイントまで通いましたが天候に恵まれず結局見ることが出来ませんでした。。。
パタゴニアは全体的に天気が安定しません。。。

キャンプサイトは無料ですが仮設トイレがあるだけなので色々と装備が必要になります。
トレッキング用の道具は町のアウトドアショップで買えます。
町のスーパーは小さくてあまり品揃えが良くないので大きい街で買い物は済ましてから来た方がいいかもしれません。

 

☆フィッツ・ロイの景色

 

僕らは南米では秋にあたる4月の前半くらいに行ったので紅葉がとても綺麗でした。
 

これまたファイナルファンタジーのような景色が広がっております。
 

こちらビューポイントです。
軽く雪があるのと、朝方は道が凍って特に下山時は危なかったです。
軽アイゼンがあると安心かもしれません。
 

☆セロ·トーレス

エル·チャルテンにはフィッツ·ロイ以外にもセロ·トーレスという有名な山へのトレッキングコースもあります。
こちらも町からビューポイントまで4時間ほどなのでかなり気軽にチャレンジできると思います!是非!!
 

こちらセロ·トーレスのビューポイントからの眺め。
天気に恵まれず、山は雲の後ろに隠れてます。。。でも氷河は迫力満点で途中途中の景色も最高っす!!
 

下山後は肉と赤ワイン!!!
 

☆まとめ

めちゃくちゃ有名な山なのに国立公園の入園料もかからないどころかキャンプサイトも無料ってすごい良心的ですよね!!
しかも町からダイレクトでアクセスできるなんて好立地!!こんなところ中々無いですマジで!!
パイネ国立公園からもそんなに離れていないので合わせて行くのがベストだと思います。
エルチャルテンの町はとても小さくて大きなスーパーもないですがキャンプ用品などは一通りそろえることが出来ます。(もちろん割高になるので大きな町で最低限の装備はそろえていきましょ)
 
 
はい、こんな感じでございます!
南米にトレッキングに来られる方は是非とも足を運んでみてください!
現場からは以上です。
では!