*アラサー旅行記*

アラサーだって旅に出たい!と勢いで日本を飛び出したバックパッカー歴早2年のカップルのブログです。現在はオーストラリアにてワーキングホリデー中!旅情報やお仕事情報なんかを発信しています。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

ストリートアートが溢れるチリの港町バルパライソの観光スポットを紹介!

f:id:bpj0236:20181226143605j:image

 

あまり治安がよろしくないということでも有名なバルパライソですが、街の一部に世界遺産にも登録されている歴史ある市街地を残し、また新市街では街中にストリートアートが溢れており、サンティアゴからのアクセスのよさも相まって観光都市としてもとても人気があります。
そんなバルパライソの魅力をお伝えしたいと思います。
 

☆サンティアゴからバルパライソへの行き方

【サンティアゴ市内図】

f:id:bpj0236:20181226143347p:image

水色丸···San Borjaバスターミナル
緑丸···Alamedaバスターミナル
ビーニャデルマル、バルパライソ方面のバスチケットはサンティアゴ市内のAlameda バスターミナルで購入出来ます。
 

バス料金
サンティアゴ→ビーニャ・デル・マルで700円ほど
サンティアゴ→バルパライソで400円ほど
だったかと思います。
ビーニャ・デル・マルまでは片道2時間ほど、バルパライソまでは1時間半ほどで、便は日に何本も出ています。
ターミナル内にあるバス会社毎に値段が多少違うので全部確認した方がいいでしょう。
 

スポンサーリンク

 

☆ビーニャ・デル・マルからバルパライソへの行き方

f:id:bpj0236:20181226143341p:image

オレンジ丸···ビーニャデルマルのバスターミナル
緑丸···バルパライソ市内
赤線···ビーニャデルマル↔️バルパライソのバスが走っている道路
 
続きましてバルパライソの隣町であるビーニャ・デル・マルからバスでバルパライソに向かう方法をお伝えしていきます。
位置関係は上の地図でわかるように本当に隣町です!
ビーニャ↔️バルパライソ間のバスは赤線の海岸線道路で捕まえることが出来ます。
バスにValparaisoと表示されているので手をあげて止めるスタイルです。
一応バス停っぽいのもあります。
片道180円ほどで、10分に一本くらいの頻度で走ってます。
 

スポンサーリンク

 

☆バルパライソの観光スポット

 

f:id:bpj0236:20181226143354p:image

紫丸···バルパライソ市街地
水色丸···ストリートアートが溢れる新市街
緑丸···世界遺産に登録されている旧市街
オレンジ丸···バルパライソバスターミナル
 
紫丸の市街地はメルカド、スーパー、ビジネス街と何でも揃っており、人々は基本的にはこのエリアで働いています。
開発も進んでいてなにかと便利なのでこのあたりに宿を取られることをお勧めします。
 

f:id:bpj0236:20181226143421j:image

広く開放的な市役所っぽい建物の前
 

f:id:bpj0236:20181226143404j:image

アート系のマーケット
 

f:id:bpj0236:20181226143434j:image

街を見下ろす展望台からパシャリ。街を一望することが出来ます。
バルパライソは港町なので港にはコンテナが積まれています。
青色のクレーンがコンテナを積んだり降ろしたりするのですが中々見事な腕前でした笑。

f:id:bpj0236:20190917090827j:image
ちなみに展望台へは階段を上っていくこともできればロープウェイ的なものもあるので誰でもアクセス◎です!
 
水色の新市街は急勾配の坂の上に街が作られており、至るところに地元のアーティストによるペイントが施されています。

f:id:bpj0236:20181226143507j:image

f:id:bpj0236:20181226143527j:image

f:id:bpj0236:20181226143500j:image

f:id:bpj0236:20181226143618j:image

 

f:id:bpj0236:20181226143521j:image

観光客も多く、街はパッと見キレイです。
犬の糞は至るところにありますが。。。
ペイントされた細くいりくんだ路地は何とも南米の街といった感じでかっこいいですし、ぽつぽつとある展望台からの眺めはこれまた素敵でした!!
細くて人気の無い路地裏などは少し治安の悪さを感じさせますが、そういうところこそ探検してみたくなっちゃいますよね・・・笑
昼間出歩く分には問題ないと思います。
 
 
緑丸の旧市街の写真はビックリするほど撮っていませんでした笑。
と言うのも何故かここが一番治安の悪さを感じる場所であり、人通りが少なく、至るところから排泄物の臭いがし、酔っぱらいが意味不明な言葉を話しまくったりしていたためです笑。
世界遺産に登録されているはずなのに。。。まぁある意味そのままの姿が残っていると言うことでしょうか笑。
 

f:id:bpj0236:20181226143539j:image

f:id:bpj0236:20181226143447j:image

旧市街地の入り口付近にはスタバもあるんですが・・・。
この先の道を進んでいくと今まで紹介したような街の様子とは打って変わってホームレスの数も増えますし、警察の数も増えますし、何かと物騒な雰囲気になってきます。
でも建設物は本当に昔ながらのものでなるほど世界遺産に登録されているだけあると思わせる町並みであることは確かです!
 

☆バルパライソの猫たち


f:id:bpj0236:20190917091018j:image
海の匂いが香る坂道の多い街ってなんとなく猫がいっぱいいるっていうイメージありませんか??
ここバルパライソはまさにそんな感じの街なのですが、期待を裏切ることなく猫天国でした笑。
犬よりも断然猫派の我々、特に細川氏にとってはたまりませんでした笑。
坂道を上り、入り組んだ路地を行き、散々歩き回ったバルパライソで出会った猫たちをご覧ください!

f:id:bpj0236:20190917091105j:image
これ何処にいるか分かりますか笑?
ドアの上にあるトタン屋根の上です!黒猫がひっそりとたたずんでます。
黄色のかわいい建物とマッチしていてなんとも高得点!!

f:id:bpj0236:20190917091329j:image
続いてこちら!!
花壇に隠れてる系猫!!
上手いこと日陰に潜んでいました笑。
いいぞ!!高得点!!!

f:id:bpj0236:20190917091449j:image
最後はこちら
街を見下ろす系猫!!
彼らには一体何が見えているというのだろうか···。

☆最後に

f:id:bpj0236:20181226143624j:image
とにかく坂の上からの眺めが良くて、いりくんだ細い路地がロマンを感じさせる街でした。街は犬の糞とかで綺麗とは言いがたいけど、なんとも南米を感じられる街でした。
またそこかしこにあふれるストリートアートも雰囲気にばっちり合っていて、街ではスケッチをする美大生なんかもチラチラ見かけました。
歩くだけでワクワクする街バルパライソ◎◎◎
チリの中で一番のお気に入りになりました!
 
サンティアゴを訪れた際には是非とも足を運んでみてくださいね。
現場からは以上です。
では!!