*アラサー旅行記*

日本で2年半の遠距離恋愛を経てアラサーカップル初の海外旅行へ!!旅の日記と情報を上げています。

アラサー旅行記

【パラグアイ】民宿小林にて日本を満喫!?~お母さんの美味しいすき焼きと猫~

スポンサーリンク

パラグアイの民宿小林と言えば南米を旅する旅人にとって知らぬ者なしと言って良いほどの知名度を誇る有名日本人宿です。
パラグアイってなんか全然どんな国か分からないわと言う人のために今回は日本人なら誰でも好きになるパラグアイについて書き記したいと思います笑。

☆パラグアイって??

まずはパラグアイってどんな国やねん?ってとこなんですけど、第二次世界対戦後に多くの日本人が移り住み、未だに日本人コロニーがいくつも残っている日本ととっても関係の深い国のひとつなんです!!
僕も南米を旅するまで全然知らなかったですが。。。
場所によっては町中にも日本語を見かけるし、農協では納豆まで買えてしまいます!
日本人が居心地良くないわけがない!!
 

☆民宿小林とは?


パラグアイのブラジル国境の街シウダ·デル·エステ市からほど近い所に本当にぽつん、とある日本人のお父さん、お母さんによって経営されているお宿です。
もうパラグアイ生活の方が日本よりも長いパラグアイのベテラン夫婦なのでパラグアイのことなら何でも聞いちゃいましょう!
ちなみに歩いて遊びに行けるところなぞありません。 僕らはひたすらダラダラしてました( ´_ゝ`)
お父さんが暇してると魚釣りに連れていってくれます笑
 

☆アクセス

緑丸···アスンシオン
オレンジ丸···民宿小林
水色丸···イグアス居住地
 
パラグアイの首都であるアスンシオンから273km、ブラジルとの国境の街シウダ·デル·エステから53km地点にあります。
して、そんな民宿小林以外に目印の無いところにどうやって行くねん?と言いますと、なんとバスの運転手に
「273km地点の民宿小林で下ろしてな。」
と直接言ってしまいます笑(アスンシオンからいく場合)。
パラグアイのバスは基本バス停からバス停の間であればどこで乗っても、どこで降りても大丈夫です笑
しかも民宿小林は超のつくほど有名宿なのでバスの運転手も日本人がこの宿に行くことを知っています笑。
ので「273km地点ね。」と言うと、「あー民宿小林ね?」ってなります笑。
イグアス居住地と間違われてしまわないようにしっかり民宿小林だと言えばまず大丈夫です!!
 

☆民宿小林の魅力

美味しい日本食
まずなんと言ってもお母さんの作る美味しい料理!! 

【野外撮影のため暗い 。。。】
これなんとすき焼きです!!
ボリューム満点で野郎がよってかかってガッツキました笑。
ご飯も大満足ですが、食卓を一緒に囲って色んな旅人の話を聞くことが出来るのも楽しい一時でした。
パラグアイにわざわざ骨休めに来る旅人は結構な強者揃いで僕らなんかよりずっと長い間旅している人が多かったです。
 
大量の猫
 

にゃんこの写真集が何冊でも作れてしまうほどの猫·猫·猫!!!
猫好きには堪らない猫カフェならぬ猫宿。
その数なんと20匹以上!!!
なんでも野良猫を拾って飼っていたらその猫たちが子供を産んで爆発的に増えてしまったとか。。。
 

なんとワンもおります笑
皆ワンパクで散歩に連れていくとかなり良い運動になります。
 
超のんびりな雰囲気

中庭にあるハンモック。
ガラスの仮面を読み漁ってしまいました笑
 

民宿小林周りの景色。
赤土の道が果てなく続いています。
 

☆まとめ

正直僕たちがパラグアイに来た目的自体がこの民宿小林に泊まってすき焼き食べたいだったりするのであまりパラグアイを観光!!ってことはしていないのですが、のんびり出来る環境が整いまくっているこの宿にすっかり魅了され、とても満足することが出来ました笑。
日本食を食べたくなった旅人さんは是非パラグアイに足を運んでみてはいかがでしょうか笑。
現場からは以上でした。
では!!