*アラサー旅行記*

日本で2年半の遠距離恋愛を経てアラサーカップル初の海外旅行へ!!旅の日記と情報を上げています。

アメリカでのworkaway体験談その2【サンフランシスコ編】

さてアメリカでのworkaway体験談その2と言うことで、サンフランシスコより車で30
分ほど離れたウォルナットクリークという場所でスタンさんの家に2週間ほど滞在した時の事を書きたいと思います。
 

☆一日のスケジュール

スタン家では週に3日or4日、1日4時間ほど働くという前回紹介したローナ家よりもユルいホストでした。
大体午前10時より作業開始で、12時にお昼休憩を取って、また15時位まで働いて終わりという感じでした。
仕事をすでにリタイアしているホストはこんな感じにユルいところが多いような気がします。
 

☆作業内容

このホストは庭のブロック塀を自作していたのでずっとその手伝いをしていました。
 

レンガを木枠で挟み込んでとめ、隙間にセメントを流し込み固定していきます。
 

ブロックとブロックの隙間にもセメントを押し込んでいます。
 
こんな作業を延々とやってました。
まぁ部屋の掃除なんかもやったりしてましたが、本当にこんな仕事量でこんな素敵な家に住まわしてもらって良いんだろうかって感じでした笑。
 

☆お部屋の紹介

こちらスタン部屋
優雅なソファーベッドと書斎でございます。
 

こちらダイニングルーム。
こちらにも優雅なソファーベッドがございました。
 

なんと暖炉まで完備でございます。
 

こちらキッチンルーム。なんていうか、オサレ!!
 

お庭でございます。
なんか、本当に日本では中々無いような家ですよねー。。。
これがアメリカかと感じた次第です。
 

☆毎日の食事

スタンさんがビーガン(ベジタリアンの縛りがキツい版)と言うこともあり、これまたオーガニックな感じでした。
 

いつも庭でランチを食べていました。
ブルジョアか!!!
基本的にディビットがご飯担当でした。
 

最終日にはこれまた手巻き寿司と味噌汁を作りました。
困ったときの必殺技です笑
 

☆ホストとの交流

同じworkawayerのディビット(イギリス人)とヴァウチャー(オーストリア人)とスタンさんとレンタカーを借りてヨセミテ国立公園に行きました。
これまた言葉の壁やら国民性の違いやらで大変は大変でしたが、今となっては良い思いでです笑
 

なんというか、超デカかったです笑
 

調理用具は僕らで準備して、 バーモンドカレーを振る舞いました。
 

綱渡りの練習してるヒッピー達
 

 

トレッキング中にブラウンベアにも出会いました。
 

 

☆まとめ

とまぁこんな感じで2度目のworkawayも楽しく過ごすことが出来ました。
普段ブロック塀とか自分で作ろうとしないですよね笑。
なんでも自分でDIYしちゃうところが本当にアメリカだなぁと思いました。
異文化の人たちと一緒に暮らすっていうのは大変なことですが、本当に貴重な体験だなと感じています。
皆さんもWorkawayを通じて異文化交流をお手かるに体験してみてはどうでしょうか?
 
現場からは以上です。
では!!