*アラサー旅行記*

アラサーだって旅に出たい!と勢いで日本を飛び出したバックパッカー歴早2年のカップルのブログです。現在はオーストラリアにてワーキングホリデー中!旅情報やお仕事情報なんかを発信しています。

【アユタヤ観光】絶対に外さないおすすめの遺跡群からローカルグルメを紹介!

 さて今回はアユタヤの町がいかに素敵かをご紹介したいと思います!!

バンコクから北に約80キロ。
アクセスも良く沢山の観光客が訪れますが、町は至って静かで、ゴミゴミせず、そしてスーパーエキゾチックです!
 
もうタイで最もオススメの町だといっても過言ではありません!!
遺跡の入園料も大体が150円ほどで、屋台飯も100円からありますし、夜はナイトマーケットまで何でもあります!!
 
遺跡と人々の日常が素晴らしくマッチした町アユタヤを皆さんも是非訪れてみてください!!
 

 アユタヤへの行き方

前回の記事で紹介しています。
 

スポンサーリンク

 

アユタヤでおすすめの遺跡

アユタヤの市内には有名どころから入園料もいらない小さなものまで大小様々な遺跡が今もなお人々の生活の中に残っています。
 
夕暮れ時ともなればその姿は本当に美しく幻想的で、この遺跡が作られた当時はどんな世界だったのだろうと想像せずにはいられません。
是非とも2泊くらいして自転車やバイクで散策してもらいたいです!

 1ワット·マハタート

言わずと知れた仏像の頭が木の根に絡まってるやつですね。
ボロボロになったレンガに木の根が張り、鳥が巣を作り、傾いた塔が歴史を感じさせます。
 
本当に不思議な気分になります。
頭を刈り取られた仏像群が当時の侵略の凄惨さを物語っています。
 

2ワットローカヤースター

どうですかこの余裕ある顔!
「まぁ生きてくってそれなりに大変やけど、ボチボチやってよ」と言わんばかりの顔です笑。
ねはんぞう好きのまさえさんが興奮していました。

3ヴィハーンプラモンコンボビット

 
かなり変な名前です笑
メチャでか金色仏陀が鎮座しています。
こちらは遺跡ではなく寺なので、なんと入園料は要りません!
 

スポンサーリンク

 

アユタヤの街を散策するならバイクがオススメ

アユタヤの街は大きくはないですが、徒歩だと見て回るのに苦労します。
自転車でもいいですが、やはり時間がかかりすぎる気がします。
 
そこで断然おすすめなのがレンタルバイクです!!
時間がないけど好きなところに行きたいという人にはピッタリでしょう。
 
バイクはデポジットにパスポートを預けるだけで簡単に借りることができます。
レンタルは船着き場にあるショップででき、1日あたり一台600円ほどです。
行動範囲がグッと広がります!
ガソリンは1リットル100円ほどです。
 

アユタヤで美味しいおすすめのグルメ

僕らは大体マーケットの中にあるおんぼろ定食屋で食べていました。
これがまた旨くて安い!!

値段は大体どれも1皿30バーツ(100円程)
少し小さめですがそれでもお得!
むしろ何皿か注文していろんな料理が楽しめてよかったです! 
 
そして食後は道を挟んで向かいにあるショッピングモールに並んでいる露店でタピオカミルクティーを飲むという。。。なんと幸せなのでしょうか笑!

これ確か80円位です。めっちゃ美味しいっす。毎日飲んでました笑
 

こんな感じのセルフ焼き鳥屋もありました!
一本15円~あります。
近くの学校の生徒たちで賑わっていました。
この店もマーケットの近くにあります。
 

オレンジ丸···ワットマハタート
水色丸···ワットローカヤースター
紫丸···ヴィハーンプラモンコンボビット
緑丸···ショッピングモールとマーケット
黒丸···船着き場
 

ナイトマーケット

ヴィハーンプラモンコンポビット近くの公園で毎夜されます。
周辺もライトアップされ電球色の灯りがなんともアユタヤの雰囲気とマッチしていました。
一部LEDの毒々しい色が 悪目立ちしていましたが。。。笑
 

そんなに大きな規模ではありませんが、民族楽器の演奏もやっていて中々雰囲気が良かったです。
 

最後に

以上アユタヤの個人的おすすめスポットとグルメのご紹介でした。
安くておいしいタイ料理を楽しみつつ、スーパーエキゾチックな雰囲気を今もなお色濃く残しているアユタヤの歴史ある街並みをバイクで思うままに楽しまれてはいかがでしょうか?
 
きっとタイが大好きになりますよ!!
日本人観光客もいっぱいいるので安全でとても観光しやすい街です。
 
初の海外旅行やご家族での旅行を考えられている人にとってアユタヤは最高のロケーションの一つだと思います。
 
是非とも一度行ってみてください(^^) 
 
現場からは以上です。
では!!