*アラサー旅行記*

日本で2年半の遠距離恋愛を経てアラサーカップル初の海外旅行へ!!旅の日記と情報を上げています。

アラサー旅行記

ハノイ~ニンビン バス移動とニンビンでオススメのお宿

スポンサーリンク

今回はハノイからニンビンへのバス移動についてご紹介します。
まだまだあまり世に知られていない穴場観光スポットだからかネットでの情報も少ないのでこの記事が少しでも参考になればなと思います。
 

☆ニンビンとは

ニンビンってどこで、何が有名やねん?って方もいると思います。

 
こちらです。
2014年に世界遺産に登録されたばかりで、まだあまり有名ではない穴場スポットです。
タムコック渓谷というところが映画「キングコング」のロケ地になっているようで、ツアー会社のお姉様が連呼していました。
 
ハノイにの街の至るところにあるツアー会社に行けば、ニンビンへの日帰りツアーが25ドル程であります。
しかしツアーと言うものが嫌いな中村がゴネたため、我々はローカルバスでニンビンに向かうことになりました。
 

☆アクセス

〇ハノイ市内からGiap Bat駅
ハノイ~ニンビンまでのローカルバスはGiap Bat駅から出ているのでとりあえずハノイ市内から 駅に向かわなければなりません。
ちなみにベトナム発音だと ザバッです笑
ギァップバットって言ってもまず通じないのでご注意ください。
 

この緑丸の所です。
結構距離があり、渋滞も相まってハノイ市内から駅までローカルバスで40分はかかります。
 

 
ハノイ市内からのアクセスですが、Maps.meの地図で拡大していくと、バス停に来るバスの番号がのっており、8番のバスがGiap Bat まで行きます。
ローカルバスは市内だと一律7000ドン(35円くらい)です。
GiapBat駅行きのローカルバスは多分もっとありますが僕らが調べられたのは8番のみです。宿の人も何番のバスが駅に行くのか知りませんでした。。。
 
〇バス料金
駅の前に着くとニンビン行きのハイエースがタイミング良くやって来てそれに乗り込みました。
1人70000ドン(340円くらい)です。
僕らはタイミング良くバスが来てしまったのでバス停内に入っていませんが基本はバス停内からニンビン行きのバスは出ています。
僕らのようにローカルバスを降りたところで待機していても全く問題ないと思います。
またタイムテーブルもハッキリしませんが、僕らは10時くらいに乗り込みました。
約1時間半でニンビンに到着しました。
 

☆ニンビン到着場所

 
ニンビンのバス停は水色丸です。
ドライバーに声をかければどこでも降りれます。
赤丸地点がタムコック 渓谷のエリアになるのでまたまた少し距離があります。。。
僕らは緑丸に宿を取って、バイクをレンタルしてタムコック渓谷を散策しました。
 

☆おすすめのお宿情報

ここニンビンには超絶オススメ宿があるのでご紹介したいと思います。
その名もHoa Bien Hotelです!
ダブルルーム一泊6.5ドル

 
写真を撮り忘れたのでbookingの写真を拝借しましたが、部屋は清潔でホットシャワーバッチリWi-Fiも抜群、レンタル自転車無料、何よりここのホテルを経営してる双子の兄弟がとてもいい人です。
ここには二泊したのですが、チェックアウトしてバスを待っている間にシャワーを使わせてくれただけでなく、なんと空いている部屋を使わせてくれました!
自転車のレンタルは無料で原付も他のところより安く借りることが出来ます。
値段も安いのに本当に素晴らしい宿でした!
ニンビンを訪れた際は是非ここに泊まってください。
本当にオススメです!!
 
現場からは以上です。
では!!