*アラサー旅行記*

日本で2年半の遠距離恋愛を経てアラサーカップル初の海外旅行へ!!旅の日記と情報を上げています。

アラサー旅行記

【アラサー女1人旅】ベトナムのビーチリゾートニャチャンをご紹介!!

スポンサーリンク

 
ついにこのときがやってきました!
旅が始まる前から勇貴くんと話していた、1人旅の時間がやってきました。
2人いるのになんでわざわざそんな危ないことするのよ!と両親からは怒られそうですが、経験としてやってみたかったのです。
しかも東南アジアのベトナムで、期間も10日間限定の1人旅です。かなり初心者向けなのではないでしょうか。
 
 
ルートは各々こんな感じ。
 
 f:id:bpj0236:20180913162810p:plain
 
線が雑で申し訳ありませんが、黄色が私のルート、緑が勇貴くんのルート。
私のルートはベトナムを南下し、カンボジアに入るかなり王道なルート。勇貴くんのルートは割とマイナーなルートのようで、ネットの情報も少なめですが、旅慣れた彼ならきっと大丈夫でしょう。
お互いカンボジアへの国境越えがあるので、難所があるといえばそれくらいでしょうか。
 
ダナンで勇貴くんと別れてから、私は無事にニャチャンへたどり着くことができました。
使ったのはベトナム同じみのスリーピングバス。
ダナン→ニャチャン 230,000VD(1,100円)
19:45出発で朝の7:30ごろ到着しました。
バス情報詳細はこちらから↓

ベトナムダナン〜ニャチャンバス移動


f:id:bpj0236:20180914015739j:image
 

f:id:bpj0236:20180914015844j:image
 
スリーピングバスは宿代の節約になるし、寝てればつくのでいいのですが、いつもトイレ問題に悩まされます。
東南アジアのバスはあまりトイレがついていないので、何回かトイレ休憩を挟みながら進みます。なぜかトイレがないという環境に置かれると、より頻尿になる自分のからだを呪いたいです。。。
しかもトイレ休憩があってもとくにアナウンスがある分けではないので、バスが止まり、周りのベトナム人の乗客の動きをみて自分も行動をしています。
何分休憩だとかとくに決まってないし、バスの運転手さんには英語もほとんど通じないので、いつバスが出発するかわかりません。いつもトイレ休憩はドキドキです。
置いていかれないかな。荷物とられないかな。ドキドキ。。。
 
やっぱこういう時は2人いたほうが安心ですね。なので1人になってからトイレに行くときは、まずバスの運転手さんにトイレに行くことを主張することから始めます。
 
トイレどこですか?(知っててもアピールのために聞く)
トイレ行きますね!私行くからね!
 
って感じでアピールしておけば、ケアしてもらえることがわかりました。これで安心。
 
 
ニャチャンに着いてからは次の目的地ホーチミンへのバスチケット購入と、街ブラをしました。
ニャチャンといえば、リゾート!!
 

f:id:bpj0236:20180913161622j:image

 
海はそこまできれいではありませんでしたが、砂浜白くてきれい!
 

f:id:bpj0236:20180913161632j:image

 
1人泳ぐ気にもなれず、欧米人たちが日焼けしているのを眺め終了。
 

f:id:bpj0236:20180913161643j:image

 
みんな海を満喫しておりました。
 
 
またニャチャンの市内ではロシア語の看板をたくさん目にしました。
 

f:id:bpj0236:20180913161702j:image

 

f:id:bpj0236:20180913161652j:image

 
ニャチャンはロシア人に人気のリゾートらしく、直行便もあるとか。暖かさと物価の安さからか、多くのロシア人が訪れるそうです。
 
 
本日の夕飯
 

f:id:bpj0236:20180913161712j:image

 
" PHO BO "牛肉いりフォー
私のイメージだと、フォーには牛肉よりも鶏肉が入ってるもんだと思っていましたが、ベトナムでは牛肉のほうが一般的だそうです。
そして別皿で香草がついてきます。
味はもちろん最高です。ベトナムにきてから美味しくないフォーに出逢ったことありません。
また食べる前に店のおばちゃんに値段を聞いたら1杯40,000ドンだそうで、いつも食べてる屋台より少し高いなぁと渋りましたが近くにフォー屋がなかったので食べることに。
40,000ドン渡して帰ろうとしたら、おばちゃんに止められ、なに!まさかボッタクられるのか!と一瞬ドキっとしましたが、5,000ドン返されました。いや、返すんなら初めから正規の値段いわんかーーーいと思いましたが、まあいいです 笑
なのでこのフォーは1杯35,000ドン(170円)でした。ごちそうさまでした。
 
 
そしてこちらが本日のお宿
 

f:id:bpj0236:20180913161720j:image

 
 
BACPACK ABODE HOSTEL
ドミトリー1泊 90,000VD(434円)
 

f:id:bpj0236:20180913180113p:plain

 

 

f:id:bpj0236:20180913180432p:plain

 
ベットもシャワーもわりと綺麗で、エアコン完備でよかったです。
ビーチからもかなり近く立地はかなりいいと思います。
(ちなみにホステルの右隣の青い★は、ホーチミン行に使ったバス会社です。)
 
そしてここの宿の1番の売りは、夜の19時から無料でビールが飲めるということ!
夕飯後にビール会場を覗くと、たくさんの外国人たちが。ビビって部屋に逃げようとしましたが、1人の中国人男性からお誘いいただき、飲み会に参加してきました。
 
中国人×2
韓国人
ロシア人
ベルギー人
の計6名でのインターナショナル飲み会。
いつもほかの外国人と交流するときは、私より英語力抜群の勇貴くんが一緒にいるから心強かったのですが、今日は1人。。。
ドキドキしながら臨んだ飲み会でしたが、なんとみんな英語が下手っぴでした😂
 
ちょっと安心!笑
きちんと喋れるのはベルギー人くらいで、1人の中国人は中国語しかしゃべりません。
それでもグーグル翻訳者を使ったり、お酒の力もあいまってとても楽しい飲み会でした。
 
なんか英語力といいうよりは、話したいという気持ちがあればコミュニケーションは成り立つんだなとしみじみ感じ、少しだけ自信がつきました。
更には中国語しか話さない中国人に、
「あなたは私のクラスメートにそっくりです。とても親しみを感じます。あなたを中国に連れていきたいです。」
とグーグル翻訳ごしに愛の告白していただきました。
そういえば初めて社会人になったときも、会社にいた中国人からデートのお誘いをしてもらったなぁと思い出しました。
お父さんお母さん、どうやら私の顔は中国人受けするようです(^o^)/
 
 
長々と文章ばかりですすみません。
一人なもんで、いろいろ書きたいことがありました。
今日の夜行バスで今度はホーチミンへ移動です。無事につけることを願って!
 
 
最後まで読んでくれてありがとうございます