*アラサー旅行記*

アラサーだって旅に出たい!と勢いで日本を飛び出したバックパッカー歴早2年のカップルのブログです。現在はオーストラリアにてワーキングホリデー中!旅情報やお仕事情報なんかを発信しています。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

シーパンドンからシェムリアップへのアクセス方法を紹介【バスでの行き方】


f:id:bpj0236:20190921161911j:image

さていよいよこの日がやって参りました。

ラオス(シーパンドン)からカンボジア(シェムリアップ)間の国境をバスで越える日です!!!

 なぜ意気込んでいるかと言うと、この国境は悪い噂ばっかりだからです。

曰く、アライバルビザ申請の際に賄賂を要求される。それを断るとスタンプを押してもらえなかったり、出国の日にちをわざと間違えて書いたり、手続き中にバスの運転手に置いていかれたり(これは実際にパークセーで出会った台湾人がやられたらしい笑)

などなど、もう最悪ですね笑

そんな国境をしゃーなし越えた僕の実体験をお伝えしていきたいと思います。

 

 

☆バスチケットの購入場所


f:id:bpj0236:20180905140919j:image

オレンジ丸がシーパンドン(4000アイランド)の船着き場です。

そこからまっすぐ一本道を進んだ先にある緑丸のバスチケットカウンターでバスチケットを購入しました。

※このシーパンドンのドン・テッド島ではいくつかバスチケットを手配することのできる会社のカウンターがあり、カンボジアのシェムリアップやベトナムのダナン、はたまたタイのバンコク行のバスチケット等多種多様な行先のバスチケットを購入することが出来ます。

値段が各会社によって微妙に異なるため何社か確認してからの購入をおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

☆バスチケットの値段とタイムスケジュール

バスには2種類あり、カンボジア国境からシェムリアップまでノンストップで行ってくれるツーリストバスと、途中カンボジア民も乗り込んでくるローカルバスです。

値段は

ツーリストバスが大体26ドル~30ドル

ローカルバスは24ドル~26ドル

でした。

 

所要時間はどこも同じで

朝7時45分にドンデッド島の船着き場集合→19時半シェムリアップ到着

約12時間ほどのバス旅になります。

 

☆賄賂について

さて気になる国境で支払いを求められる賄賂についてですが、

結局僕は10USD支払いました・・・。

国境について出国の手続きをする際にめっちゃナチュラルに40USD要求されます。

(本来のビザ代金は30USD)

他にも同じバスにフランス人が5人いたのですが、皆当然のように支払っていたためまぁ使用がないかという感じでした・・・。僕だけごねて置いていかれたら嫌なので・・・。

パークセーの町で出会った台湾人は賄賂を払わなかったためバスに置いていかれて国境からシーパンドンの船着き場まで歩いたそうな・・・。

※ちなみにビザ申請用の写真がないと追加で2ドルとられるので必ず持参しましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

☆シェムリアップまでの行程

 

賄賂を泣く泣く支払ってカンボジア国境を渡った後は

ツーリストバス組とローカルバス組に別れて各々レストランで待機します。


f:id:bpj0236:20180905135614j:image


f:id:bpj0236:20180905135634j:image

こんな感じのレストランでバスを待ちます。

Wi-Fiもあるし、中々快適に過ごせます。

もちろん僕はローカルバス組です笑。

*1


f:id:bpj0236:20180906173030j:image

ちなみにボーダーまでバスチケット買わずに行っても、ボーダーからシェムリアップ行きのバスも20ドルでありました。

11:30出発だそうです。

 

さて、たっぷり一時間半程待たされた後、なぜかまたツーリストバス組と合流してミニバンに乗り込みました笑


f:id:bpj0236:20180906173223j:image

舗装されていない道を2時間ほど走ったところでまたバスをチェンジ。。。

小さな町のホテルでカンボジアイミグレから乗ってきたミニバンを降りてまたツーリストバス組とローカルバス組で分かれました。


f:id:bpj0236:20190921161335j:image

オレンジ···シーパンドン(4000アイランド)

緑···バス乗り換えポイント

水色···シェムリアップ

 

しばらくホテルで待機の時間がありバスを待っていると、運転手がやってきて「実は今日のローカルバスはもう出発してしまっていて便が無いから今日ここのホテルに一泊して明日の便で行ってくれないか?」などと言ってきました笑

これに対して僕とフランス人組は猛抗議!!

ふざけんな!!今からでもバスを手配しろや!!と超ごねてたら向こうも諦めたのか、料金据え置きでツーリストバスに乗せてもらえることになりました笑。

そしてまたまたツーリストバス組の人々と再度の合流を果たし、最終的にローカルバス料金でツーリストバスに乗ってシェムリアップに到着しました笑。

※ツーリストバスでシェムリアップに向かっている途中にローカルバスらしきバスを早々に追い抜かしました。

本来のローカルバスに乗っていたらシェムリアップに到着するのは果たして何時になっていたのやら・・・。

値段はそう大きく変わりませんしツーリストバスを購入することをお勧めします!

 

☆最後に

賄賂にいらだったり、バスがすでに出発していたというハプニングもありましたが無事にその日中にシェムリアップにたどり着くことが出来ました。

結果オーライですね!!

最後に少し道中にあったチンスポットをご紹介します。


f:id:bpj0236:20180906174858j:image

こちら途中立ち寄ったトイレ休憩所なのですが、よく見ると。。。


f:id:bpj0236:20180906174948j:image

なんと歯医者の診療所がありました笑。


f:id:bpj0236:20180906175114j:image

ガソリンも売ってます笑

やはり東南アジア諸国の中でもカンボジアはトップレベルで貧困を感じさせます。

こんな様子をみるとカンボジアから賄賂がなくなるのは多分まだまだ先の未来のようです・・・。

カンボジアだししょうがないかと受け入れるもよし、徹底的に戦うもよし。

皆さんの御健闘をお祈りしています笑 

 

現場からは以上です。

では!

*1:ちなみにこのレストランで軽く1時間は待たされました・・・。いったい何のために7時45分に船着き場に集まったのか本当に不明です笑。ここは賄賂を支払うイミグレーションから歩いてすぐなので、賄賂の支払いをゴネる時間がタップリありました!!くそーごねればよかったぁ~と後悔・・・。