*アラサー旅行記*

アラサーだって旅に出たい!と勢いで日本を飛び出したバックパッカー歴早2年のカップルのブログです。現在はオーストラリアにてワーキングホリデー中!旅情報やお仕事情報なんかを発信しています。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

格安でいけるフィリピン語学留学を紹介【僕たちがバギオを選んだ理由】


f:id:bpj0236:20190916151619j:image

海外で留学してみたいけど、そんな時間もお金もないっていう方に是非おすすめしたいのがフィリピン留学です!!!

本記事では僕たちが実際に行ったバギオの学校を紹介していきたいと思います!

1週間から滞在可能でしかも留学費用はカナダやオーストラリア・アメリカ等の国に比べると3分の1程度で収まるのではないでしょうか。

でもいざフィリピンに留学しよう!と思い立っても語学学校の数が多すぎてどこに行けばわからない!!という方は一度エージェントに相談してみましょう!!

一人一人にピッタリの留学プランをご提案!カウンセリング無料の【Global Dive】

相談するのは無料です!!

とにかく一歩踏み出しましょう!!

 

 

☆なんでフィリピンなの?


f:id:bpj0236:20190916150809j:image

上記でも軽く紹介しましたが、とにかく他の国と比べて留学費用を安く抑えることが出来るという点が最大のメリットではないかと思います。

またフィリピンには多数の言語が存在していることから英語が公用語として使われています。そのため町でも普通に英語が使えるうえに発音もオーストラリアやニュージーランドなど訛りが強い英語と比べて綺麗で聞き取りやすいなどなど、語学留学をするのに最適な条件がそろっているのです!!!

 

☆留学場所

留学エージェントに話を聞くと留学場所として

マニラ・セブ・バギオ・クラーク・イロイロ・バコロド

といった場所を紹介されると思うのですが、その中から僕らはバギオという場所を選びました。

バギオはこれと言って遊ぶ場所のない学園都市として有名で、マニラやセブ・クラークといった場所よりも落ち着いており、集中して勉強に打ち込めると思いバギオを選びました。実際にバギオにしてとてもよかったと思います。

☆バギオの場所

マニラからバスで7時間程かかります。

標高が1500m程に位置するこの町は、東南アジアながら通年の平均気温が26℃以下と暑すぎず寒すぎずと快適な気温が通年続きます。

 

☆バギオの治安

正直ここは本当に東南アジアなのか??と思うほど治安はいいです!!

観光客がいないせいかタクシーやジプニー(乗り合いバス)を使う際に値段交渉をする必要がないほどです。全然ボッタくろうとしてきません。

(※もちろん地元のマーケット等に行くと値段交渉は必須ですが)

今まで僕が行ってきたアジア諸国と比べても断然治安はいいと断言できます!!

逆にセブやマニラは観光客の多い都市部になるので治安的に難があるようです。

 

☆語学学校の紹介と選んだ理由

僕たちが選んだのはJICという学校です。

選んだ理由はいろいろありますが、一番の理由は1日10時間もの授業を受講できる超スパルタスケジュールを組むことが可能なうえ、留学費用もほかの学校と比べて少し安く、また地元のカフェで数日間実際に働くことが出来るバリスタインターンシップというカリキュラムに魅力を感じたからです。

1日10時間英語の勉強ですよ笑?

実際にやってみると1日の終わりには頭がフラフラになるほど脳が疲れているって感じでした。。。

バリスタインターンシップはフィリピン留学終わりにワーホリに行く方などはとてもオススメです!!実際にお客さんと英語でコミュニケーションをとって働くという体験はやってみなければわからない部分が多く、事前練習としてはかなり良かったと思います。 

f:id:bpj0236:20190409095339j:image


f:id:bpj0236:20190916151746j:image

 【カフェでのバリスタインターンシップにて】

 

○中庭
f:id:bpj0236:20180907175622j:image

こちら中庭で喫煙所があったりバドミントンが出来たりバスケットボールコートがあったりします。

 

○教室、校舎
f:id:bpj0236:20180907175935j:image


f:id:bpj0236:20180907180016j:image


f:id:bpj0236:20180907180055j:image

校舎の3階までは生徒の寮になっており、4階が教室になっています。

 

○カフェテリア
f:id:bpj0236:20180907180535j:image


f:id:bpj0236:20180907180610j:image

 

f:id:bpj0236:20190409094628j:image

ご飯は基本的に韓国料理?です。

普通に美味しかったです。

バイキング形式で朝、昼、晩と三食ガッチリ食べられます。

 

○ジム

f:id:bpj0236:20180907181016j:image


f:id:bpj0236:20180907181111j:image

写真に載ってる器具の他にもランニングマシンがあり、生徒であればいつでも使うことができます。

勉強で疲れた頭をリフレッシュさせることができます。

 

○寮
f:id:bpj0236:20180907181504j:image


f:id:bpj0236:20180907181534j:image

一人部屋~四人部屋まであり、もちろん四人部屋がもっとも安く、僕が選んだのは四人部屋です笑

 

f:id:bpj0236:20190409094924j:image

こちらは昌江さんが選んだ2人部屋。f:id:bpj0236:20190409094914j:image

各部屋にはウォーターサーバーがついています。
f:id:bpj0236:20190409094918j:image

こちらはシャワー室の写真。

 

部屋はかなり広く毎日清掃も入るので不満という不満はありませんでした。シャワーの水圧が唯一の弱点でしたが。。。

 

☆授業内容と留学費用について


f:id:bpj0236:20190916152138j:image

どのコースを選択するかによって値段が変わりますが、僕が選んだのは

マンツーマンレッスン×4時間+グループレッスン×6時間。つまり計10時間というスパルタコースです。

また先生も自分で選択することができ、自分に合わないと思う先生がいれば変更可能です。グループレッスンも多くて5人程なので全部の授業が終わる頃にはフラフラになるくらい英語環境に身を置くことが出来ます!

授業内容は先生によりけりで、自分がこういうことを勉強したいとリクエストを出すこともできますし、生徒と先生の距離が近いのでとてもリラックスした環境で英語を勉強できたのもこの学校の魅力の一つです。


f:id:bpj0236:20190916152456j:image

そして気になる学費についてですが

授業料・寮費・光熱費・1日3食の食事・教材費などなど全部ひっくるめて一か月16万円ほどでした!!!

安くないですか??ふつう語学留学といったら一か月の授業料だけで20万弱しますし、それに生活費がかかってきます。

でもフィリピンなら授業料+生活費全部ひっくるめてこのお値段なんです!!

先進諸国では不可能な値段設定ですよね笑

もし興味があれば一度エージェントに相談だけでもしてみましょう!!

相談無料のおすすめエージェントはこちら↓

一人一人にピッタリの留学プランをご提案!カウンセリング無料の【Global Dive】

 

☆まとめ


f:id:bpj0236:20190916152529j:image

フィリピン留学に来ている人たちはみんなその先の目標がある人たちでした。

この後にカナダやイギリス・オーストラリアにワーキングホリデーや留学に行くんだという人や、僕たちみたいに世界旅行をするという人もいました。

そんな環境だからか自然と気の合う人が多かったように感じます。

周りも一生懸命勉強している人が多かったので僕自身も勉強に集中することが出来ました。

留学費用もですが授業のクオリティも満足のいくものでした。

もちろんすぐに効果が実感できるというものではありませんが・・・笑

英語学習は時間がかかります。1か月しかフィリピンに入れなかった僕らは最低3か月間はほしかったなぁと少し後悔しています。

それでも海外に出る足かけとしてフィリピン留学はとてもおすすめできます。

海外留学を考えているそこのアナタ!!

一度フィリピンを選択肢に入れてみてはどうでしょうか?

 

現場からは以上です。

では!!