*アラサー旅行記*

アラサーだって旅に出たい!と勢いで日本を飛び出したバックパッカー歴早2年のカップルのブログです。現在はオーストラリアにてワーキングホリデー中!旅情報やお仕事情報なんかを発信しています。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

アンコールワット

カンボジア入国

相方勇貴くんと無事合流

1人旅ぶじ終了!1人旅の感想は別の記事で書きたいと思います。

そしてカンボジアといえばアンコールワット!!超有名な観光スポットですが、もちろん行ってきました。


f:id:bpj0236:20180911001526j:image

この写真はいわゆる、ザ・アンコールワットの部分です。写真ではよさがあまり伝わりませんが、とてもよかったです!

アンコールワットと一口に言っても、この写真はほんとうにごく一部で、アンコールワット群という遺跡群の一部という感じです。とにかくアンコールワットは広大で、歩いて巡るのはかなりキツイそうです。

f:id:bpj0236:20180911001602j:image

というわけで、本日の相棒レンタルバイク。1日レンタルで6ドルです。

ちなみにカンボジアの通貨ですが、国内ではカンボジアリアルとアメリカドルの2種類の通貨が流通しております。不思議ですよね。やはりカンボジアは国としては力が弱いのでしょうか。

ローカルなレストランでもドルが使え、お釣りはドルかリアルのどちらかで返ってきます。リアルはかなり弱い通貨なので、他の通貨に両替ができにくいです。なのでカンボジアをお越しのかたは、ぜひドルを持ってきて下さい。ドルさえあれば困りません。

 

さてレンタルバイクを借り、カンボジア遺跡巡りスタートです。まずはザ・アンコールワットの部分を観光。


f:id:bpj0236:20180911001638j:image

たっくさんの観光客で賑わっておりました。
f:id:bpj0236:20180911001705j:image

遺跡内はきれいに整備されており、見応え抜群です。アンコール遺跡内だけでも1時間くらいみて回りました。


f:id:bpj0236:20180911001737j:image


f:id:bpj0236:20180911001806j:image

こちらはザ・アンコールワットのてっぺんの部分に入るための行列。45分待ちとなっていたので、私たちは諦めましたf:id:bpj0236:20180911001835j:image

遺跡の中ではたくさんの細かいレリーフをみることができます。

f:id:bpj0236:20180911001907j:image


f:id:bpj0236:20180911001930j:image

繊細で美しいです。人間が手作業でおこなったと思うと、お疲れ様です!と声を大にして言ってあげたいです。


f:id:bpj0236:20180911001955j:image

これは私の1番のお気に入り。よく見ると小さいブッダがたくさん集まってポーズをとっています。かわいい!

ザ・アンコールワットを堪能したところで、お次はアンコールトムという遺跡群の“バイヨン寺院”へ向かいました。


f:id:bpj0236:20180911002114j:image

アンコールトムといえば、


f:id:bpj0236:20180911002202j:image

いたるところに顔

f:id:bpj0236:20180911002253j:image

顔のついた遺跡をみることができます。f:id:bpj0236:20180911002345j:image

この顔がなんともいえず微笑んでいて、この場にいると心がリラックスしてきました。

 

たくさんの顔を堪能したところで、お次は“タ・プローム”というトゥームレイダーのロケ地となって有名な遺跡へ行ってきました。

個人的にはここが1番よかったです!!


f:id:bpj0236:20180911002840j:image

ここは遺跡自体は整備されておらず、壊れたまま自然の中に取り残されている遺跡で、

f:id:bpj0236:20180911003044j:image

壊れた遺跡が自然に侵食されていくさまが、とても美しかったです。f:id:bpj0236:20180911003206j:image

f:id:bpj0236:20180911003232j:image

f:id:bpj0236:20180911003258j:image

アンコールワット観光にくるなら、絶対ここに来て欲しいです!!あぁここはよかったなぁ。

 

とまぁ有名どころ3つの遺跡を巡って、私達のアンコールワット観光は終わり。

ツアーでは、朝日をみたり、夕日をみるコースもあるようなので、お好みのツアーに参加してみてもいいかもしれません。私たちはツアーが好きではないので、個人でいきましたがそれもまたよかったです!

 

アンコールワット大満足でした。

カンボジアから今度はタイのバンコクへ戻ります。

短い滞在だったけど楽しかったよカンボジア!!ありがとうカンボジア!!