*アラサー旅行記*

アラサーだって旅に出たい!と勢いで日本を飛び出したバックパッカー歴早2年のカップルのブログです。現在はオーストラリアにてワーキングホリデー中!旅情報やお仕事情報なんかを発信しています。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

全盛期は過ぎ去りし過去?タイのパタヤビーチの今をレポート!

タイのリゾート地、パタヤビーチ。
笑う犬の冒険でおなじみのパタヤビーチ。
アイアイアイアイアイ100円!!でおなじみのパタヤビーチ。
今回はそんなパタヤビーチの魅力をお伝えしていきたいと思います!
いや、タイトルで全盛期は過ぎ去ったとか書いてしまってますけどね笑。
もちろんこれは個人的な視点なので悪しからず。

☆綺麗とは言えない海

 はっきり言って泳ぎたいとはとても思えないほど海は綺麗とは言えません笑。
もちろん泳いでいる人もいたので汚いとは言いませんが、沖縄とかのほうがよっぽど綺麗だし、なんなら滋賀県民が愛する琵琶湖の北の方の方が綺麗でした。。。
どうしたパタヤビーチ。こんなもんなのかパタヤビーチ。。。
でも景色は南国リゾートって感じです↓
 

f:id:bpj0236:20180915182407j:image

 

f:id:bpj0236:20180915182316j:image

 
ビーチ周辺はパラソルがでてたり、ボートがあったりと賑わいをみせているかと思いきや、今日は天気も悪かったせいかそこまで賑わっている感じはしません。
あれ、なんとなく閑散としてね??っていう感じでした。。。笑
 

f:id:bpj0236:20180915182238j:image

 ビーチにはなぜかこんなものがたくさん。
青春を謳歌する若者たちのたまり場になっています。
 

☆安い物価

f:id:bpj0236:20180915182307j:image

 こちら購入した水着。
パタヤビーチで泳ぐために買った訳ではないのですが、値段がお手頃だったので今後の旅行のために購入。
350タイバーツ 日本円で1,200円ほどです。
パタヤ周辺には水着がたくさん売ってます!!
男性ものは100〜200タイバーツ(300〜660円ほど)で購入できます。
だいたいこれくらいの値段で手に入るので、日本で買うよりは安いですね!
 
 

☆パタヤのお店

町をブラブラしていると、日本を意識したお店もたくさんありました。
 

f:id:bpj0236:20180915182947j:plain

 あの有名な深夜食堂のパタヤ支店です笑!!

入っていないのでメニューは不明・・・。

とん汁定食しかメニュー無いのかな・・・?

 

f:id:bpj0236:20180915182424j:image

こちらも昭和のにおいがプンプンするネーミングセンスですね!!

きっと夜活が盛んなおじ様たちがナイトライフをエンジョイしに来るのでしょう笑。

内装が気になるところです・・・。ネオンでピカピカなんかなー。

 
 

f:id:bpj0236:20180915182325j:image

こちらはタピオカミルクティーのお店。
タイではこの黒いタピオカを、ブラックバブルと呼んでいるみたいです。
 

f:id:bpj0236:20180915182435j:image

 タイにはタピオカミルクティーのお店がたくさんあります。しかも美味しくて安い!!
 こちらタピオカミルクティー&バナナタピオカミルクティーなんと1つ30タイバーツ(100円)です。めっちゃ安くないですか!?
クオリティも大満足でモチモチのタピオカが本当に病みつき!
タイで何杯飲んだかわかりません笑!
 

☆パタヤの夜

そろそろ日が落ちてきたころ。
パタヤにで有名な“ウォーキングストリート”に足を運んでみました。
 

f:id:bpj0236:20180915182346j:image

 ウォーキングストリートは...
なんだか日本の歌舞伎町みたいな場所でした!!
 

f:id:bpj0236:20180915182357j:image

 ビカビカの飲食店と?
 

f:id:bpj0236:20180915182247j:image

 たくさんの女性がテーブルに待機してるバーと
 

f:id:bpj0236:20180915182256j:image

 音楽ガンガンのバーがたくさんありました。
 
いわゆる繁華街部分のウォーキングストリートですが、やっぱり活気があるようにはあまり感じず。。。
たくさんの女性が待機しているバーの大部分はかなりご年配の方々のようでした。。。
そんな方々が叩いたらひび割れそうな圧化粧でお出迎えしてくれます。。。
もう、パタヤリゾートの時代は終わったのかと思っていた矢先、
 

f:id:bpj0236:20180915182416j:image

フェリーにのってやってきた、大量の中国人観光客に遭遇しました!
今からは本当に中国の時代なんだなーと思った瞬間です。
パタヤは中国人で盛り上がり、まだまだ現役でした😂
観光客で日本人にはチラホラ会ったものの、中国人・韓国人・欧米人の割合が多かったです。
 
私はウォーキングストリートではなく、少しはずれたローカルレストランで夕飯をいただきました。
f:id:bpj0236:20180915183547j:plain

本日の夕飯

中華風スープとあげ鳥のっけご飯🍽

80タイバーツ(250円)なり!

ローカル食堂ではこれくらいの値段でこんなにおいしい物を食べることが出来ます!

このスープは本当にめちゃうまでした!!

 

 

☆パタヤの安宿情報

 “アンナホステル”

f:id:bpj0236:20180915184834j:image


f:id:bpj0236:20180915184850j:image

パタヤビーチまで徒歩30分と少し遠いですが、自転車のレンタルが出来るのでそこまで気になりません。なんなら騒がしい海辺に宿をとるよりも静かでよかったと思います。しかも近くに大型のスーパーがあるので私たち的には立地は◎!

 

料金 1泊シングルベットドミトリー180バーツ(620円くらいです)


f:id:bpj0236:20180915185333j:image

こちら私たちが利用したシングルベッドドミトリーの様子。2階にあります。


f:id:bpj0236:20180915185521j:image

 エアコンはありませんが、各ベットに1つづつファンがついているので問題ありません。カーテンもついていますし、貴重品はロッカーに保管できます。


f:id:bpj0236:20180915185315j:image

 こちらは1階にある2段ベットドミトリーの写真。

 
f:id:bpj0236:20180915185731j:image

あとここタイのゲストハウスでは珍しくキッチンも利用できます!

タイ飯はもう腐るほど食った!!という方は久しぶりの自炊を楽しまれてはいかがでしょうか??

 

ゲストハウスというよりは、オーナーアンナの家に宿泊施設が組み込まれた宿という感じです。部屋は毎日清掃されていて、きれいです。

マイナス点をあげるとすれば、シャワーとトイレが1つしかありません。私達が泊まったときは、他の宿泊者が少なかったのでストレスなく過ごせましたが、人数が多いとキツイと思います。

とはいえパタヤには安宿があまりないので、選択肢の1つにいれてもいいと思います!!

 

☆最後に

観光客はほどほどにいましたが、それよりも目立ったのが、欧米人のシニア男性&タイ人のカップルです。この組み合わせのカップル、めちゃくちゃいました。
個人的な推測ですが、老後を温かい国で過ごすために欧米人シニアーズが移住してきて、現地のタイ人と結婚しているのかな。と。物価も安いですしね。
なのでリゾート地として楽しむこともできますが、移住して生活する外国人が多くいる街という感じでした。
 
海はそこまできれいではありませんが、普通に泳げますし、物価も安いです!!
海だけでなく、他の素敵な観光もありますのでぜひ訪れてみて下さい〜
 

f:id:bpj0236:20180915182336j:image

夕日は綺麗でした!

現場からは以上です。

 

では!!