*アラサー旅行記*

アラサーだって旅に出たい!と勢いで日本を飛び出したバックパッカー歴早2年のカップルのブログです。現在はオーストラリアにてワーキングホリデー中!旅情報やお仕事情報なんかを発信しています。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

バンコク~アンパワー水上マーケット 行き方

さて今回紹介するのはバンコク~アンパワー水上マーケットまでの行き方です。  
ミニバスでのアクセス方法と電車でのアクセス方法の両方をご紹介していきたいと思います。気ままなバス旅と電車旅をお楽しみください。
 

☆アンパワー水上マーケットってどんなところ?

こちらです。
バンコクから90キロ程の距離にあります。
ここは水上マーケットが有名なのですが、あまり外国人旅行者には馴染みの無い場所らしく、観光客の殆どはタイ人でした。
と言うのもタイには他に2箇所ほど水上マーケットがあり、中でもダムヌンサドゥアックと言う場所が人気で外国人旅行者は殆どそちらに行ってしまうからです。
そのお陰でアンパワーでは観光地だけどローカルプライスで水上マーケットを楽しむことが出来ます。
貧乏旅行者にとってこれ程ありがたいことはありません。
※ 例えばボートで川をめぐる1時間ツアー
☆ダムヌンサドゥアック・・・1人1000バーツ(3500円くらい)
アンパワー・・・1人なんと50バーツ(170円くらい)or60バーツ(夜のホタル観賞ツアー)
値段がビビるほど違ったりします。
飯もパッタイやガパオなら30バーツからありました。オススメです。
アンパワー水上マーケットで楽しめるアクティビティについての詳細については別記事で紹介しているのでこちら

www.travelling-around30.xyz

をご覧ください。

スポンサーリンク

 

☆行き方(ミニバス編)

 アンパワー行きのミニバスはサーイタイガオ(南バスステーション)から出ています。

緑丸の地点です。
これまた結構市内から離れています。
Ratchadamnoenストリート沿いにあるバス停から出ている511番のバスがサーイタイガオ行きです。お一人様15バーツ。

緑丸··· 511バス停、赤線···カオサン通り
 
バス停の表示を見ると他の番号のバスもサーイタイガオ行きのと書いてあるのですが、運転手に確認すると511に乗れと言われました。
 

 

サーイタイガオにつくとこのようなバスチケット売り場があるのでアンパワー行きを買います。
 

☆ミニバスの値段

一人様70バーツ+ 大きなバックパックがある場合追加で35バーツです。
 ※Damnoensadukにも水上マーケットがあり、午前~夕方はこちらの方が賑わいを見せているそうです。
両方見たい方は日中Damnoensaduk観光→夜Amphawa観光にしても良いかもしれません。ちなみにDamnoensaduk→Amphawaはお一人様20バーツ

 

☆ミニバスのタイムスケジュール

出発時間に関してですが特にタイムテーブルがあると言うわけでなく、お客さんがある程度集まったら出発と言う感じです。僕らは10時出発→12時着でした。
 

スポンサーリンク

 

☆ミニバスの到着場所

アンパワーには地図上のVan station に到着します。オレンジ線沿いに水上マーケットが広がっているので降りてすぐです!
 
 

☆行き方(電車編)

1,バンコク市内→Wongwian Yai駅(15バーツ)
2,Wongwian Yai駅 →Maha Chai駅(10バーツ)
3,ボートに乗り換えて川を渡る(3バーツ)
4,Ban Laem駅→Maeklong駅(10バーツ)
5,ソンテイ(乗り合いバス)に乗りアンパワーへ(8バーツ)
となります。
合計46バーツ(160円くらい) とミニバンよりかなり安いですが、乗り換えが多いのと時間がかかります。

 緑丸···Wongwian Yai駅
※僕らは行きを ミニバスで行って、帰りを電車にしたので市内→Wongwian Yai駅のバスは分かりません。。。
ちなみにWongwian Yai駅→カオサン周辺は3番のバス(15バーツ)で、駅を出て目の前の大通りから出ています。歩道橋を渡ってすぐです。
 

 
こちらは電車とボートの乗り継ぎ図
まぁ 人の流れに従っていれば自ずと着きます。

乗る待機する人々

来るボート

降りる待機する人々
 
川に落ちる人とかいないのかなとちょっと心配になるくらいまだ隙間があるのに皆飛び出していきます。
 

Maeklong 駅に着いたら水色丸のソンテイ乗り場に移動します。
セブンイレブンの前にあります。
ちなみにMaeklong 駅と言えば線路沿いのマーケットで有名な所です。
観光客もいっぱい居ました。メークローン市場に興味があるかたはこちらの記事からチェックできます。
運が良ければ駅内のインフォメーションにバックパックを無料で預けられるので、ここを見てからアンパワーへ行くのがベストです!

人が歩いているところが線路で、実際にここを電車が通ります。

車内からの眺め。まじで全てがギリギリでした笑

そしてこの人だかり。インドみたいです。
 
アンパワーのソンテイ乗り場は上記で説明した ミニバン乗り場と同じ場所にあります。
のでもし乗り換えがダルかったら帰りはミニバンで帰ることが出来ます。便利!
 
私たちはこの行き方にしましたが、もっと効率よく各スポットを巡りたい方は

www.govoyagin.com

こちら↑のツアーに参加するのもオススメです。定価価格でリーズナブルなので時間があまりない旅行者のかたにはおすすめです!!
 
以上バンコクからアンパワー水上マーケットへのアクセス方法(ミニバス編+電車編)でした。
この記事が少しでも参考になればと思います。
では!