*アラサー旅行記*

アラサーだって旅に出たい!と勢いで日本を飛び出したバックパッカー歴早2年のカップルのブログです。現在はオーストラリアにてワーキングホリデー中!旅情報やお仕事情報なんかを発信しています。

【タイを旅する旅人必見】実際に泊まった各地のゲストハウスを紹介!

f:id:bpj0236:20191222065138j:image

今回はタイを旅するバックパッカー向けに、僕たちが実際に宿泊したゲストハウスのレビューを紹介していきたいと思います。

 
前回の記事で僕らが泊まったバンコク市内の安宿を紹介しましたが、今回はバンコク以外のタイの各町の滞在中に宿泊した宿を10点満点で評価していきます。
 
おすすめから、正直これはちょっと・・・というものまで幅広くそろえていますので少しでも参考になればうれしいです笑
 

アユタヤのゲストハウス

11 11 Hostel···9点
ドミトリー1泊5ドル。朝食付。ACあり。
 

f:id:bpj0236:20180920014352p:image

f:id:bpj0236:20180920014357p:image

部屋は清潔だし、水回りも比較的綺麗でした。少し市内までのアクセスが悪いですが、レンタル自転車も1日1.5ドルで宿で借りれるので問題なかったです。
スタッフも親切だし本当にオススメの宿です。朝食はパンとバナナ。
Wi-Fi問題なし。ホットシャワー可。タオルあり。
 

スコータイのゲストハウス

Happy Guesthouse 2···8.5点
ダブルルーム1泊6ドル。朝食無し。AC付だけど使うなら一晩4.2ドル。。。ファンは無料です。

f:id:bpj0236:20180920014402p:image

f:id:bpj0236:20180920014407p:image

エアコンの使用料がビビるほど高くて使いませんでしたが、ファン有りで部屋は広くて清潔でした。水回りも問題なしでホットシャワー可です。この値段にしてはかなりオススメです。
バス停からは少し歩きますが大通りから近く旧市街行きのバス停も近いし、着いてしまえばロケーションはいいと思います。
タオルあり。ただドミトリーは個人的にオススメしないかも。。。

f:id:bpj0236:20180920014413p:image

こちらドミトリー。
玄関入ってすぐのスペースについたてがありその中にベットが置かれているのですが、ご覧の通りのセキュリティの甘さと2階に上がる階段から中が丸見えになってしまうのでプライバシーが・・・。
気にならないよ!という方はどうぞ笑!!
 

チェンマイのゲストハウス

Mapping  Hostel···7.5点
ドミトリー1泊3.3ドル。朝食無し。ACあり。

f:id:bpj0236:20180920014419p:image

f:id:bpj0236:20180920014426p:image

川沿いで中庭の雰囲気がとても良かったです。蚊は多いですが。。。
昼間からゴザベットで横になりながらビールを飲む欧米人たちがいっぱいいて僕らも結構お呼ばれしました笑。
 
値段も安いし、ナイトマーケットにも近いしぼちぼちオススメ。
水回りは及第点。ホットシャワーは可。
Wi-Fiは問題なかったです。
タオル無し。
 

パーイのゲストハウス

The Mountain View Backpacker GH···6.5点
バンガロー1泊6ドル。朝食無し。ファンのみ。

f:id:bpj0236:20180920014432j:image

f:id:bpj0236:20180920014441p:image

ダブルベットが置いてある小屋みたいな感じで一応バストイレ付でしたが、かなりオンボロで室内の明かりも暗く、快適とは言い難かったです。
※この写真はbookingの写真なので綺麗に見えますが・・・笑
虫ももちろん多い。。。
 
Wi-Fiもバンガローから少し離れたバーしかなく、部屋の中では弱かったです。
町からもかなり離れているのでバイクがないとキツいです。
あと宿にたどり着くまでに犬に吠えられまくるのが鬱陶しい。
タオルあり。
 
Booking での評価はかなり良いですが、快適な宿では無いと思いました。
景色も開けてないから全然良くないし。
 

ノーンカーイのゲストハウス

Mut Mee Garden GH···7.5点
ツインルーム1泊10ドル。朝食無し。ファンのみ。

f:id:bpj0236:20180920014447p:image

f:id:bpj0236:20180920014454p:image

↑こんな綺麗ではありません笑。
ノーンカーイは中々安宿が無かったです。
メコン川沿いで雰囲気は良く、欧米人が多かったです。
 
部屋は広くてぼちぼち綺麗で、水回りはちょっと残念って感じでが、まぁこの値段でこのクオリティは納得かなという感じでした。
宿にはレストランが併設されていて他より少し高いですが飯も食えます。
 

パタヤのゲストハウス

Anna Hostel···8点
シングルドミトリー1泊5.5ドル。朝食無し。ファンのみ。

f:id:bpj0236:20180920014510j:image

f:id:bpj0236:20180920014520j:image

 
これまたパタヤはあまり安宿がなかったです。当ホステルは海辺まで徒歩で30分ほど離れた立地にあるのですが、BigCやマックスバリュ等の大型スーパーが近く、しかも東南アジアの宿には珍しくキッチンが使用可能なのでタイ飯に飽きてきたら自炊可能です。
オーナーのアンナはとてもきれい好きで毎日清掃が入るし、枕シーツは毎日交換されます。
 
レンタル自転車も1日1.5ドルであります。
この宿ユニットバスのシャワートイレが1個しかありません。。。
そのくせベット数は中々のものです。ので宿泊客が多いときはかなり不便な宿になってしまいます。。。
 
僕らの時は、僕らを含めて4 人~5人しか泊まっていなくてストレスが無かったので8点にしました。
 
 

アンパワーのゲストハウス

Baan Loylom Farmstay···8.5点
ダブルルーム1泊25ドル。朝食あり。
ACあり。
 
外国人旅行者がいないせいか安宿が無かったです。。。貧乏旅行者の財布には厳しかったですがホスピタリティーは素晴らしかったです。自転車は無料で借りれるので水上マーケットまでは20分ほどです。ただ部屋でWi-Fiは使えず、少し離れたカフェエリアに行く必要があります。
 
水上托鉢までは近く、朝御飯はパンとバナナとお粥が付きます。
ミニバス乗り場からかなり遠いのですが、帰りは車で送ってもらえました。
とても良い人達でした。
 

f:id:bpj0236:20180920014528j:image

f:id:bpj0236:20180920014500j:image

 

最後に

以上タイ各地のお宿紹介でした。
1泊5ドルとかで朝食もついてくるとか本当にタイはバックパッカーに優しい物価ですよね!!もちろんクオリティはそれなりですが・・・笑
 
どのゲストハウスも個性があって面白かったです。
中々この宿はもう満点!!ってところはありませんでしたが・・・。
上記で紹介した宿はすべて↓のサイトに載っているのでチェックしてみてください。

世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com

 
自分たちで経営する宿ではかゆいところに手が届いたもう満点!!って思えるような宿にしたいなぁと思う今日この頃です。
 
現場からは以上でした。
では!!