*アラサー旅行記*

日本で2年半の遠距離恋愛を経てアラサーカップル初の海外旅行へ!!旅の日記と情報を上げています。

アラサー旅行記

個人で行くネパールのランタントレッキング!!【世界一美しい谷へ】

スポンサーリンク

ネパールには多くのトレッキングコースがありますが、特に人気なエリアはエベレストエリア、アンナプルナエリア、ランタンエリアの3つで、今回僕たちが行ってきたランタンエリアは世界一美しい谷だと言われています。

オレンジ丸···アンナプルナエリア
緑丸···ランタンエリア
赤丸···エベレストエリア
 
今回でネパール3回目の中村は今回のランタンで人気三大エリアは一応制覇です。
このランタンは難易度もそれほど高くなく、他の2つのエリアに比べてカトマンズから近いのですが、あまり人気が無いみたいです。
やはり他の2つのエリアは8000メートル級のヒマラヤが見えると言うことで人気なのでしょう。
 ※ランタンエリア最高峰はランタンリルン7227メートルです。
しかしその景色は全く引けを取らないほど美しいものでした!!
 
 

☆1日目カトマンズ~シャブルベシバス移動

 
移動についてはこちらの記事

www.travelling-around30.xyz

を参照下さい。
 
12時間の地獄の移動を終えてようやくシャベルベシに到着。
正直この移動がトレッキングよりもきつかったかも・・・。
 
☆お宿情報

Ganesh Himal Guesthouse ···ツインルーム
1泊500円。水シャワーのみ。タオル無し。Wi-Fiあり。 コンセント使用可能。

独房部屋でしたが、トイレはまだ綺麗な方でした。肝っ玉母ちゃんが全てを取り仕切る宿です。
ここシャベルベンジでは500円~1000円位が宿の相場でした。
 

☆2日目シャベルベンジ~リムチェ(7時間)

道がこれまた悪く、結構キツかったです。
悪路をひたすら登ります。
シャベルベンジ(1460m)→リムチェ(2456m)。 標高差1000mあります。

やはり人気がないせいか、道の整備がイマイチで藪に突っ込んでいかないといけなくて道が分かりづらい所や、 地滑りで歩きづらい所が結構あります。。。
景色も余り開けて無いのでそこまで良くありません
 

途中壊れかけの橋を渡る場所がありますが、別に迂回道はなく、これを渡るしかありません。注意してわたりましょう!!!
 
☆お宿情報

こちら食堂ですが、皆洗濯物干しまくり笑。

Hotel  Ganesh··· ツインルーム1泊200円。天気が良い日はソーラーシャワー可。タオル無し。Wi-Fi無し。コンセント使用不可。洗濯物洗い場あり。 食堂でストーブ使用可能。
 
リムチェについて一番入り口にある宿で、トイレもそんなに汚くないし、シャワー無料だし、何よりストーブ無料なのは嬉しい!!
 

 ☆3日目リムチェ~ランタングンバ(6時間)

初日に比べると格段に歩きやすく、道もそこまで急斜面ではありません。
迷うことはまずないでしょう。
段々景色がネパールっぽくなってきます。
リムチェ(2456m)→ランタングンバ(3450m)
この日も1000m登りますが道のコンディションがいいため楽でした。

この日は天気もボチボチ良くて気持ちが良かったです。
 
☆お宿情報

 
Hotel View Point ···ツインルーム1泊晩御飯と朝食を食べると無料。天気が良ければソーラーシャワー最高。熱いくらい。タオル無し。Wi-Fi無し。コンセント使用可能。洗濯物洗い場あり。食堂でストーブ使用可能。

飯は高い!!!トレッキング中の宿では大体こんな感じです。
※ほぼ1円=1ルピーです。

本日もベジチョウメンとダルバート
 
わりと新しいのか綺麗だし、電気は明るいし、コンセントは使えるし、シャワーは最高だし、結構お気に入りになりました。
本来ランタンまで歩く予定だったのですが、ここにして正解だと思います。
ランタングンバに入って2番目の宿です。
 

☆4日目ランタングンバ~キャンジングンバ(4時間)

ランタングンバ(3450m)→キャンジングンバ(3870m)と標高も余り上がらず、距離も短いので昼前に着きました。
道は歩きやすく、景色はとても美しかったです。

 

 景色がどんどんネパールっぽくなってきます!

 
途中ランタン村を通りました。
2015年4月25日に発生した地震の際に地滑りで村が全壊し、ネパール人村人175人と外国人トレッカー50名ほどが亡くなった場所です。
村には慰霊碑が建てられ、亡くなった方々の名前が刻まれています。
 f:id:bpj0236:20180929001159j:plain
 
f:id:bpj0236:20180929001349j:plain
丁度僕もこの地震が起きる2ヶ月前にネパールを訪れてエベレストのベースキャンプトレッキングをしていました。
ちょっと時期が悪ければ自分も死んでいたのではと思うと、やはり人間はいつ死ぬか分からないし、死ぬまでは頑張って生きないといけないなぁとしみじみ思いました。
あれからたった3年しか経っていないのに村にはゲストハウスが建ち並び、人が戻ってきています。
 f:id:bpj0236:20180929001729j:plain
人は強いなと思わされました。
感動です。
といった感じで長くなったので続きは後半戦で!
では!