*アラサー旅行記*

日本で2年半の遠距離恋愛を経てアラサーカップル初の海外旅行へ!!旅の日記と情報を上げています。

アラサー旅行記

カトマンズ〜ポカラ 最安で行けるバスを紹介!

スポンサーリンク

ネパールにきた方で、アンナプルナトレッキングへ行く方多いと思います。
そこで今回はカトマンズ〜トレッキングの拠点となる街“ポカラ”へ私が使った最安ローカルバスをご紹介したいと思います。
 
 

チケットの購入場所

カトマンズのタメル地区より北に進んだ、“ニューバスパーク”近くにあります。
 

f:id:bpj0236:20181015185523p:image

水色の…タメル地区
ピンク…ニューバスパーク(いろんな場所へのバスチケット買えます)
緑…ポカラバスステーション
 
MAPS.ME上にも“Bus to Pokhara”と記載されています。
 

f:id:bpj0236:20181015185530j:image

見た目はこんな感じのチケットオフィスが、このエリア近辺にいくつかあります。
 
 

チケットの値段

私が購入したのは500ルピーでした。
ただ少しハプニングがあり、初めはどのチケットオフィスでも一律525ルピーと言われ、最後に聞いたルンビニ行きのバスを扱ってる場所で500ルピーで買えると言われ、事前に予約しました。ただチケットも渡されず、代金も当日と言われたので、当日指定された時間にオフィスに行きましたが、そんな予約はないし、ここはルンビニ行きのバスしか扱ってないと言われました笑
困っていたら別の売り子さんが、ポカラ行きあるよ!と声をかけてくれ、結局は500ルピーで他のバンに乗れたという感じです。
 
 

チケットオフィスまでの行き方

タクシーか乗り合いバンorバスの2種類あります。私はタクシーは使っていませんが、たしかタメル地区からであれば、200ルピー前後でいけるはずです。
 
乗り合いバンorバスの場合は料金15〜20ルピーで行けます。

f:id:bpj0236:20181015185541p:image

黄色の線で書いた道路上でひろえます。
バス停とか明確な乗り場はなく、自分でアピールして乗せてもらう形になります。
タメル地区から行く場合は、黒い四角で囲ったエリアあたりで待っていると、たくさん乗り合いバンとバスが走っています。窓からバスの目的地を叫んでるスタッフが、運転手とは別にいるはずです。
「ニューバスパーク?」か「Bus station to Pokhara?」とそのスタッフに訪ねてから、正しいバンに乗りましょう。
 
料金は乗車後支払いますが、お金を渡す時に「Bus station to Pokhara」と1言そえると、指定の場所で降ろしてくれます。そしてもれなくポカラチケット売りのおじさんが、たくさん群がってきます。
 
 

バンのタイムスケジュール

詳しくはわかりませんが、私は7:00のに乗りました。他にも6時、8時出発のもありました。ポカラまでは順調にいけば、6〜7時間で到着します。
ポカラ行きバン会社はたくさんあるので、事前予約なして行って大丈夫だと思います。
 
 

f:id:bpj0236:20181015185559j:image

 

f:id:bpj0236:20181015185545j:image

利用したバンの写真
社内はネパ人でぎゅうぎゅうでした。とても疲れました。
 
 

バン降車場所

f:id:bpj0236:20181015185625p:image

 
このバンはポカラが終点ではなかったようで、緑の丸で囲ったあたりで降ろされました。
ポカラへくる旅行者はだいたい湖の近く(オレンジの丸で囲ったエリア)に行くことが多いと思います。私もそうですがホテル・ツアー会社・両替所・お土産屋などたくさん集まっています。なので降ろされた場所からはかなり遠く、徒歩だと1時間かかりました。タクシーだと300ルピーと言われました。
私はタクシーに乗りたくなかったので、意地で歩いていまいましたが笑
 
 

☆最後に

降ろされた場所が場所だけに、結局タクシーを使うくらいだったら、ツーリストバスを使ってもよかったかなと思いました。ツーリストバスを使った場合は、湖近くの“ツーリストバスステーション”で降りることになると思います。
バンの中は地元のネパール人でぎゅうぎゅうで、途中何回も止まったりしたので、騒がしい感じでした。それもまた楽しかったですが。旅行者は私しか乗っていませんでした。
また初めは500ルピーと言われたのに、いざ料金を払う時に600ルピーと値上げされ、ふざけんなと怒ったら500ルピーに戻りました。こういうトラブルに巻き込まれないためにも、乗車前には必ず値段を確認することをオススメします。
 
あまりメリットがないかもしれませんが笑、とにかく安く行きたい!とお考えの方はぜひ使ってみて下さい。