*アラサー旅行記*

日本で2年半の遠距離恋愛を経てアラサーカップル初の海外旅行へ!!旅の日記と情報を上げています。

アラサー旅行記

【衝撃】ネパールでの高所登山が肉体に与える影響とは??

スポンサーリンク

さてご無沙汰しておりました。
17日に及びましたネパールはメラピーク登山ですが、、、
登頂ならず!!!
でした笑
 
敗退の原因はいろいろあるのでまた別記事で詳しく書くとして、今回はネパールでの高所登山が身体に与える効果抜群すぎる影響をご紹介したいと思います笑
一体ネパールの登山ってどんな感じやねん?と言うところを実体験を交えて書いていききます!
 
 

☆登山とトレッキング

さて、まずネパールでの登山とトレッキングの定義の違いについてです。
ざっくりですがネパールでは6000m以上の山に登ることを登山。それ以下の標高の山への山登りをトレッキングと定めており、許可証を発行する機関も違いますし値段も全然違います。
今回僕が挑戦したメラピークは登山料金としてはUS300ドルです。
前に書いた記事でトレッキングのパーミッションであるTIMSが20ドル程なのでまぁトレッキングよりは金がかかります。
しかしこれは 申請時に登録する人数で割ることができるので人数が多ければ多いほど安くすみます。
※ただこのパーミッションが厄介で登録時にクライミングシェルパの名前が必要等個人では非常に取りにくくなっています。頑張ったら取れたのかもしれませんが、今回僕はエージェントに頼み125USドル払いました。。。
 

☆ 難易度

【ベースキャンプからの景色】
これはもう完全に個人的な物差しですし、天候等にかなり左右されるのでなんとも言えませんが、メラピークは技術的な難易度はゼロです。完全に体力戦です。
ベースキャンプ以降は氷河の上を歩いていくのでクランポン装着しますが、アイスアックスなんか要りませんし、なんならピッケルも使ってる人少なかったです。
ただ僕が行ったときは朝方気温が-30℃くらいで、風は暴風の如くでした。
ハイキャンプ滞在時、テントで寝てたらテントごと風に吹き飛ばされて僕は結局キッチンテントに寝るはめになりました笑。。。
そんなトラブル以外にも高所ではとにかく体調を崩しやすいです。
しかも一度崩れてしまった体調は高度を下げない限り中々万全には治ってくれません。
僕もメラピークにたどり着く前に風邪をひいてしまい、結局体調不良のままアタック日を迎えてしまいました。。。
あと高度5000mを越えるとあからさまに空気が薄くなったと感じます。
常に身体に倦怠感がまとわりつき、少し身体を動かすだけで息が切れます。
歩くという基本動作ですらかなりな重労働です。
正直しんどすぎて「俺一体何のためにここにいるんだろう」と何度思ったかわかりません笑。
 

☆費用

これも登り方によってかなり変わってきます。
今回僕が取った方法はなるだけ費用を押さえた方法で、クライミングの拠点となるカーレという村まではガイド、ポーター無しで自分で行き、カーレから先はクライミングガイドを雇うという方法です。
2日間のガイド 、ご飯、テント、クライミングギア、ガイドの登山保険代、クライミングパーミッション等すべてコミコミで825USドルでした。
カーレまで行くのに麓の村から9日程かかったので、トレッキング中の費用や、ジープ移動の費用など全てを会合わせると総費用は12~13万円位でした。
クライミングは金がかかります笑!!
ちなみに全ての行程に ガイドとポーターをつけるとなると、僕が聞き込み調査した会社だと1100ドルからやるというとこから2500ドルかかると言うとこまでかなり差がありました。安すぎたら信用ならないし、高すぎてもアレだし、中々難しいですね。。。
 

☆肉体への影響

さあ!!お待ちかねの登山前と登山後の身体の変化です!!びっくりです!!

【登山前のぽっちゃり中村】
                  ↓
                  ↓
                  ↓

【登山帰還後のライザップ中村】
こうです!!
立った17日間でこれです!!効果抜群!!!
痩せたい方は山に登りましょう笑
今まで生きてきた人生の中で1.2を争うくらいツラい体験でしたが・・・笑
 
詳細な旅程や僕が使ったトレッキング会社の情報は別記事をご覧ください。
これからとにもかくにも美味しいご飯を食べまくります!!
現場からは以上でした。
では!!