*アラサー旅行記*

アラサーだって旅に出たい!と勢いで日本を飛び出したバックパッカー歴早2年のカップルのブログです。現在はオーストラリアにてワーキングホリデー中!旅情報やお仕事情報なんかを発信しています。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

オーストラリアの大家族ホストでのworkaway体験談【Huonville】

f:id:bpj0236:20190610134258j:image

 

さて今回はオーストラリアはタスマニアでのworkawayの体験談をご紹介していきます。

Workawayも早くも3度目。本当に物価の高い国に行くときには重宝します。
ちなみに今回のホストの家では週4で1日に4時間働くという約束です。労働時間が短い代わりにご飯は晩御飯しか出ません。
 

☆一日のスケジュール

午前8時半頃に作業スタート
トゲがいっぱいの雑草がそこらじゅうに生えているため、作業は主に草抜きです。
適当に休憩をとりながら12時位までやります。
あとはゲストも使っている共用キッチンの清掃を30分ほどやり、13時前に作業終了します。
前回のスタン家に次ぐユルさです笑
 

☆作業内容

ほぼ草抜きと掃除です。
 
 

f:id:bpj0236:20181223064046j:image

抜けども抜けども終わりが見えない。。。
 

f:id:bpj0236:20181223064025j:image

リリア (上から3番目)はずっと壊れたチャリに股がって後をついてきます。
 

f:id:bpj0236:20181223064117j:image

リリアのグラビア
 

スポンサーリンク

 

☆ホスト紹介

タスマニアで一番大きな町であるホバートから車で40分くらい南に走ったヒューオンビル(Huonville)という町でPligrim Hillというホステルを経営していて、現在僕らの他に中国人の女の子が9人とフランス人の女の子が1人いて、皆チェリーパッキングの仕事をしています。
時給が23AUドルだそうです羨ましい。。。
遊び盛りの元気な子供が7人もいて、かなりビックファミリーです。
 
 

f:id:bpj0236:20181223064005j:image

テントに興味津々の子供たち。もうちょっとソフトに扱ってほしい。。。
 

f:id:bpj0236:20181223064035j:image

ホストの家。ここに家族9人で暮らしています。
 

f:id:bpj0236:20181223064000j:image

中はこれまたオシャレな感じです。
 

f:id:bpj0236:20181223064011j:image

こちらホステルの部屋です。
結構狭いけど暖かい。羨ましい。。。
 

f:id:bpj0236:20181223064131j:image

キッチンにはデカイ冷蔵庫がありますが、12人が使っているのでいつもパンパン
 

f:id:bpj0236:20181223064104j:image

折り紙を教えるグレートティーチャー細川 
子供たちは元気すぎていつもカオスです。
 

f:id:bpj0236:20181223064051j:image

リボンを作ってあげるも言葉の壁に阻まれ意思の疎通は困難を極めています笑
 

f:id:bpj0236:20181223064137j:image

一番下の子供はまだ1歳にもなってません。
まじキューピーみたい
 

スポンサーリンク

 

☆毎日の食事

こちらのホストでは晩御飯のみの提供なのですが、なんと週に3回月曜日、水曜日、金曜日にビッグディナーがあり、ホステルのゲストも合わせて全員で晩御飯を食べます。

f:id:bpj0236:20181223064153j:image

チキンのベーコン巻き!
肉を肉で巻くというなんともオージーな一品!!
 

f:id:bpj0236:20181223064149j:image

こちら暗くてわかりづらいですが、デザートのアイスクリームとバナナのカラメル煮。
 
ご飯が終わったあとは聖書の一説を読んで、それについて皆で話し合います笑。
というのもこちらの家族は敬虔なクリスチャン。いつもかなり熱く語るので皆少し引きぎみ笑。。。
まぁ美味しいご飯がただで食べれるとあって皆参加します。
 

☆最後に
f:id:bpj0236:20190610134258j:image

今回で3度目になりますworkaway ですが、行く家庭によって本当に様々で、なんか面白いなぁと思います笑。
子供が7人いるとお父さんとお母さんは毎日とても大変そうですが、とても楽しそうです。世の中にはいろんな人がいろんなスタイルで生きているんだなぁとしみじみ感じることが出来ました笑。
25日にはもちろんクリスマスパーリーがあるのでそちらの方もお伝えしたいと思います。主に子供たちのカオスっぷりを笑。
 
現場からは以上です。
ではでは!!