*アラサー旅行記*

アラサーだって旅に出たい!と勢いで日本を飛び出したバックパッカー歴早2年のカップルのブログです。現在はオーストラリアにてワーキングホリデー中!旅情報やお仕事情報なんかを発信しています。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

【タスマニア】チェリーピッキングのデメリットとメリットすべて教えます!

f:id:bpj0236:20190130202143j:image

 

年末から始めたチェリーピッキングのお仕事ですが、ファームすべてのチェリーを取り2018年のシーズンは終了となりました‼︎
今回の記事では実際に働いてみて感じたチェリーピッキングのメリットとデメリットを紹介していきたいと思います!!
稼ぎやすいがそれだけじゃないチェリーピッキングの本当のところをお伝えします。。。
 

☆チェリーピッキングのメリット

稼げる!!

オーストラリアでファームジョブをする人はたくさんいると思いますが、チェリーピッキングはファームジョブの中でも最も稼ぎやすい仕事の一つです!!
いろんなファームジョブした人に話しを聞きましたが、みんながみんなチェリーが1番稼げるし他の果物に比べたら体力的にも楽だと言っていました。
もちろん午前6時から午後3時まで炎天下の中8時間ほど延々とチェリーをとり続けるので、けして楽ではありませんが、ファームジョブ初心者で女性の私でもやり遂げることができました。
 
実際に稼ぐことが出来た金額
そして私たちがこの1ヶ月弱のあいだでいくら稼いだのか!を発表したいと思います。
ちなみにこのファームは歩合制で、1バケット10.50ドルでした。
 

こちらがチェリーをいれるバケット。
黒線までチェリーを貯めると重さは約10kgになります。
 
そして気になる結果は!!
 
勤務日数 21日間(12/28から働いて1/23に終了。)
 
 
昌江 合計290バケット
勇貴 合計323バケット
 
私の場合290×10.50=3045ドルになりました‼︎日本円にして24万くらいでしょうか。さらにチェリーシーズンを無事任期満了すれば、10.50で計算していたバケットの金額が12ドル計算(ボーナスらしい)になるので実際は3480(27万強)ドルもらえることに‼︎
勇貴くんに関しては3876ドル(30万強)も稼ぎました。
どうでしょうか。21日間しか働らかずなおかつピッキング初心者の私たちでもこの金額です。
1日平均16〜18バケットを取っていた私ですが、チェリーピッキング経験者の人たちは20〜30ほど平均で取っていました。なので人によってはもっと稼いでいます!!
トップピッカーはなんと一日に40バケットを取るので、一日の稼ぎが約400ドル・・・。それが約20日間続くと・・・まさにタスマニアンドリームですね!!


愉快な仲間たちとの出会い

何もないド田舎でのチェリーファーム生活では一緒に働いているヨーロピアン達と仲良くなることが出来ます。
シーズン終わりはもうお祭り騒ぎで、飲めや歌えやの大宴会でした。みんなでビアオリンピックというビールを飲みながらチーム対抗で戦うゲームをし、めちゃくちゃ盛り上がりました。
 

こちらその様子の一部のビール早飲み対決や
 

バレーボール対決
 

綱引き対決
などなど5種類ほどのゲームを各チームで闘います。もちろん各ゲームでビールを強制的に飲みます笑
 

 
参加者は始めから最後までベロベロです‼︎そして上半身裸のひとの多さが目立ちます笑
 

 われらが勇貴氏も、開始そうそう限界がきています。

 
ゲームの結果私たちのチームはすべてのゲームに勝つことができず、最下位‼︎笑 最悪の結果でしたがビアオリンピック自体はとても楽しかったです。初めは参加するのやだなぁ。。。と思っていましたが、参加したらめちゃ楽しかったです。もちろんアルコールの力もありますが、今年1番笑いました。
 

思うんですけど外国人って楽しむことが本当に上手ですよね!
いい意味でカルチャーショックでした笑
 

とりあえずお疲れ様でした‼︎
 

☆チェリーピッキングのデメリット

働く期間がとにかく短い!!

チェリーシーズンは1か月弱しか働けません。稼げるけれどもシーズンが終わったあとには別の仕事を探さなければなりません。
((僕らが働いたファームはチェリーピッキングが終わった後チェリープルーニング(枝を選別し切る仕事)が始まり、そのあとはリンゴのピッキング始まるので5月頭まで働けます!))))
また私たちはありがたいことに友人の紹介でこのファームですぐに働けましたが、ほとんどの人は11月ごろタスマニア入りしてウェイティングをしていると聞きました。仕事をゲットするまでの支出と、シーズンが終わった後次の仕事が始まるまでの費用を考えると短期で稼げるとは言ってもトータルで稼げているとは言えないのかもしれません。。。
 

☆まとめ

デメリットはありますが私たち的にはチェリーピッキングしてよかった‼︎の一言につきます。もちろん期間が短く歩合制でプレッシャーのある仕事にはなりますが、初めてのファームジョブとしてはとてもいい経験になりました。シーズンがもう少し長ければなおよかったですが、それはしょうがありません。。。
タスマニアでのチェリーピッキングはまさにハイリスク・ハイリターン!!
我こそはトップピッカーだ!!という方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか笑?
 
現場からは以上でした。
では!!