*アラサー旅行記*

アラサーだって旅に出たい!と勢いで日本を飛び出したバックパッカー歴早2年のカップルのブログです。現在はオーストラリアにてワーキングホリデー中!旅情報やお仕事情報なんかを発信しています。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

【オーストラリアファーム】プルーニングは稼げるか?【体験談】

f:id:bpj0236:20190219191037j:image

 

チェリーピッキングの仕事が終わり、引き続き同じファームでチェリープルーニングの仕事をしていた私たち。
それが今日をもって終了しました‼︎
やったー!!!
 
なんで私がこんなに喜んでいるかと言いますと、このプルーニングという仕事。めっちゃ辛かったからです😂
 
 
★チェリープルーニング とは…
 
枝の剪定作業のことで、ピッキングが終わったチェリーの木を来年にむけより良く育てるために、ある程度の枝を残し、それ以外の枝を切る作業です。
 

f:id:bpj0236:20190219191002j:image

 
枝を切るのに使うハサミがこちら。

f:id:bpj0236:20190219191008j:image

ドイツ製のハサミ。けっこう切れ味いいです。
 

f:id:bpj0236:20190219191018j:image

お互いこんな格好で作業します。
枝を根元から切らなければならないので結構肌に葉っぱやら枝やら当たって痛いんですよね・・・。
 

f:id:bpj0236:20190219191024j:image

ピッキングの時は感じなかったのですが、プルーニングの作業になった途端肌がめちゃくちゃ痒くなり始め、お肌の露出を控えた格好になりました。
 

f:id:bpj0236:20190219191031j:image

こんな感じで枝をポチポチきっていくのですが、これが想像以上にハード。。。
 
切る枝の数が多いのと、背の高い枝に当たった場合、枝を自分の切れる高さまで折り曲げるのですが、これが一苦労。硬くて太い枝は曲げるのにかなり体力が必要で、でもだいたいそんな枝ばかりなので精神的にも辛いものがあります。
初日は上半身が筋肉痛でバキバキになり、なおかつ手が握力の使いすぎで激痛でした。
 

f:id:bpj0236:20190219191046j:image

途方にくれる私
私にはこの仕事向いてないな。。。
 
体力だけの問題ではなく、悲しいことにまったく稼げなかったのです。
チェリープルーニング歩合制なのです。
価格は1ライン30ドル‼︎事前情報では時給制と聞いていたのに、まさかの歩合‼︎
ちなみに1ライン50本。枝が細くて簡単に切れる木もあれば、極太のスクスク育った木もあるので1ライン1時間〜4時間ほどかかります。。。もうこの仕事私にとって、運といっても過言ではありません!
 ※ファームに交渉してすべてのライン一律30ドルからラインによって値段を変えてもらえるようになりました。
ジャングルのようなラインは50ドル!
結構ボーボーなラインは40ドル!
普通は30ドルみたいな感じです。
レートがあまりにもおかしいと思った場合は他のワーカー全員で直談判しに行ってみましょう。いい方向に転ぶかもしれませんよ!
 
結局、11日間働き
私 680ドル(53,600円)
勇貴くん 820ドル(64,700円)
 
の稼ぎでした。とほほ😂
 
たった11日間の仕事だったのに、1ヶ月くらい働いた気分でした。もうげっそり。
中にはベテランのオージーも働いており、ものすごいスピードで枝を切っていました。彼はいったいくら稼いでいたのでしょうか。
 
またこの労働環境にほとんどの人が辞めていってしまいました。初めは20人ほどいた人が、最終的には5人になってしまいました笑 辞めていったのはほぼヨーロピアン。彼らはよくも悪くもハッキリしてるというか、1ライン30ドルなんてありえない!と怒ってすぐ帰る人もいれば、シットチェリーと呟いて帰る人が続出でした。なんだか潔よかったです。ここでアジア人とヨーロピアンとの仕事に対する考え方の違いを見せつけられました。
すぐに答えの出せない日本人の私たちは、辞める?続ける?どうする!?をグスグスと繰り返し、結局最後まで続けてしまいました笑
 

f:id:bpj0236:20190219191037j:image

 
最後はネパール人のスーパーバイザーとパシャリ。やっとプルーニングが終わり幸せ!!
 
チェリープルーニング、女性にはオススメできない仕事ですが、握力体力のある男性にはオススメできるかもしれません。場所によっては時給制のファームもあるようなので。
 
 
また今後の私たちの予定ですが、ここのファームを離れメインアイランドで仕事することを決めました!
その詳細はまた今度!
 
現場からは以上です。