*アラサー旅行記*

アラサーだって旅に出たい!と勢いで日本を飛び出したバックパッカー歴早2年のカップルのブログです。現在はオーストラリアにてワーキングホリデー中!旅情報やお仕事情報なんかを発信しています。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

【タスマニア】魔女の宅急便のモデル?キキのパン屋に行ってきました!

f:id:bpj0236:20190303120229j:image

 

4泊5日でタスマニアをラウンドトリップしてきました。
次の仕事のためタスマニアを離れるので悔いの残らないようにぐるりと一周プランです。

今回はラウンドトリップ中に寄り道した魔女の宅急便に出てくるキキのパン屋のモデルになったといわれているパン屋
を始めとしたタスマニアのB級観光スポットをご紹介したいと思います!!
 

☆キキのパン屋さん

場所はタスマニアの東側に位置し、‘ロス Ross’という小さな田舎町にあります。

※オレンジの丸がRoss 
 

こちらはロスの地図。
とても小さな町で歩いて30分ほどで町を一周できてしまうほどです。
 

町はキレイでのんびりした雰囲気が流れています。
 
町は小さいですがこのパン屋目的でしょうか、アジア人が結構いました。
 

そしてこちらがキキのパン屋こと、‘Ross Village Bakery’です‼︎
 
正直、あれ?ここほんとにモデルになったパン屋なの?が私の感想です。一見普通のパン屋さんです笑
さすがはB級スポット!!絶妙な似てなさです!!
 

こちら店内の様子。
 

ところどころキキのパン屋アピールはありますが、
 

私はそこまでピントきませんでした😂
 

せっかく来たのでブラウニーとミートパイを注文。味はまぁ普通においしかったです笑
正直なところガッカリ感は否めませんが、このパン屋さんは1860年創業のかなり歴史あるパン屋ではあるので、そこに興味のある方は行ってみる価値はあるかもしれません。
ちなみにキキが暮らしていた部屋に似せて作られた実際に宿泊できる部屋もあるみたいなのですが、そちらは大人気となっておりまして予約制になっておりますので
ご注意ください笑
 

☆ペンギン(Penguin)

またロスの他にも‘ペンギン Penguin’と言うかわいい名前の町にも寄ってみました。

ペンギンはタスマニア北部の海岸沿いにあるこれまた小さな町です。
 

町の名物はもちろんペンギン!
 

町のいたるところがペンギンにジャックされています。
 

町を歩いていてとても楽しいです。
 

そして海辺の公園の近くには小さな図書館がありました!なんて粋なんでしょうか!海の音を聞きながら、ゆっくり読書できる町、そうそれがペンギンです。もうキキのパン屋なんてどうでもいいです。これを考えた人素晴らしい!
 

☆ラウンドトリップの様子

買ったばかりの中古車。この4泊5日の旅を無事に走り抜いてくれました。
ありがとう!よかった!
 
★寝泊まりも基本車内!

ホテル?モーテル?泊まりません。
車内が私たちの部屋です。
ベッドが作れるワゴンタイプの車を買ったので、これで寝床に困ることはありません。2人で寝ると少し狭いですが、結構快適です。
 

車は時にキッチンとなることも。
 

またタスマニアはフリーのキャンプ場や、公園がたくさんあるので、泊まる場所にも困りません。
 

町ではたくさんのキャンパーを見かけます。こんなスタイルで旅するはタスマニアでは一般的!
 

基本的にどんだけ小さな町にもテーブルイスがある公園があるのでそこが僕らのキッチン兼ダイニングルームです笑。旅人に優しいタスマニア!
 

タスマニアの公園にはなんとなんと電子バーベキューセット、屋根付きのシェルター、携帯を充電できるコンセントなんかまで完備している場所もあります。素晴らしすぎる!
 
そんなわけで快適なプチ旅行を楽しんだ私たち。次はいよいよメインアイランドへ移動です。
新しい職場がいい場所であることを願って!
 
現場からは以上です。