*アラサー旅行記*

アラサーだって旅に出たい!と勢いで日本を飛び出したバックパッカー歴早2年のカップルのブログです。現在はオーストラリアにてワーキングホリデー中!旅情報やお仕事情報なんかを発信しています。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

タスマニアからメルボルンに車ごと移動する方法【フェリー】

 

渡豪して早3ヶ月目。ようやくメインランドの土を踏みました。
今はビクトリア州のkyabramと言う田舎町に来ており、今までのキャビンとは比べ物にならないくらい綺麗なシェアハウスで生活しています。
ここに来た目的はミートファクトリーで働くためなのですが、まだ仕事が始まっていないので仕事についてはまた次回書きたいと思います。
 して今回はタスマニア島からメインランドへ車ごと船で移動する方法についてです。
スピリット·オブ·タスマニア(spirit of tasmania )と言う船がタスマニア島のデボンポート(Devonport)↔️メルボルン(Melbourne )間を毎日往き来しており、車を持っている人は殆どこの船を使って移動することになると思います。z
 

☆船の料金

シーズンや朝便か夜便かによって料金にかなりの差が出ます。
最もタスマニアに人が集まる時期はチェリーピッキングのシーズンが始まる前月11~12月になります。
のでメルボルン→デボンポートの便は予約が取りづらくなるorめっちゃ高いです。。。
逆にデボンポート→メルボルンが埋まるのはチェリーピッキング終わりの1月末~3月になります。
また料金は昼便と夜便では日によって100~300ドル程も違ったりします。
一度↓で見積を取ってみましょう
 
ちなみに目安として僕らの便の値段をお伝えしておくと、

(3月8日の朝便)
大人×2+ステーションワゴン車×1で368ドルでした。(同じ日の夜便は468ドル)

※ちなみにオプションで船内のキャビンを取れたりしますがそれはもちろん別料金になります。上記の値段は搭乗券のみです。
 

☆船内の様子

まずは車を船内に入れます。

幅が狭くて中々怖い
 
エレベーターを上がって客室フロアにでると
キャビンを取らなくたって中々広くて快適空間が広がっています。

もちろんカフェやレストラン、小さな売店等もあるので食事は船内で取ることが出来ます。
高いですが。。。
 

中にはスロットマシンコーナーやフリーのゲーム機も設置されていました。
暇をもて余した子供たちに常に占拠されていましたが。
 

こちら大人1人様10ドルになりますが映画館での上映も行っております。
 

甲板にも出ることが出来ます。
中々揺れるので乗り物に弱い人は弱い人は酔い止めのご準備を!
 

☆最後に

僕らの便は9:00発→18:30着の朝便でしたが、寝ていたらあっという間に着きました。
ベットみたく足を伸ばして寝れるわけではありませんが、大き目のソファーもあるので部屋とかを取らなくても寝れると思います。
ただ搭乗時間ギリギリに乗船するとどこも場所が埋まっているかもしれないので最低でも出発1時間前には乗船して場所を確保したほうがいいかもしれません。
搭乗手続きが始めるのは6時とかからなのですが僕たちは6時半にはもう並んでました笑。
その甲斐あって船の中に入った時はガラガラで席を選びたい放題でした!
いい席で快適な船旅を送るためにも早起きしましょう!
 
 
現場からは以上です。
では!!