*アラサー旅行記*

日本で2年半の遠距離恋愛を経てアラサーカップル初の海外旅行へ!!旅の日記と情報を上げています。

【オーストラリア】ビクトリア州の片田舎カヤブラムでの快適ライフ

ミートファクトリーで働く生活もはや2週間たちました。週5で働き土日が休みの生活を送っていますが、こんな規則正しい生活は本当に久しぶりです。
今日は私たちの町の様子と、どんな場所に住んでいるかご紹介したいと思います。
 
私たちは今Kyabram(カヤブラム)という、メルボルンから車で2時間ほど北に走った場所に住んでいます。
 

f:id:bpj0236:20190324143944j:image

引きでみるとカヤブラムはここらへん。
 
 

f:id:bpj0236:20190324143948j:image

カヤブラムから1番近い大都市はメルボルンになり、職場の韓国人や台湾人は週末にこぞってメルボルンへでかけます。
 
 

f:id:bpj0236:20190324143954j:image

ちなみに職場は車で15分ほどはなれたTongala(トンガラ)という場所にあります。
 
 
カヤブラムの町の様子
 

f:id:bpj0236:20190324144000j:image

カヤブラムはオーストラリアの田舎の町という感じで、若干のシャッター通り感は否めませんが、私はのんびりしていて好きです。
 

f:id:bpj0236:20190324144013j:image

田舎の町ではありますが、生活に必要なものは一通りそろってます。
郵便局や銀行。
 

f:id:bpj0236:20190324144029j:image

ホームセンターや中華系のレストラン。
 

f:id:bpj0236:20190324144045j:image

酒屋さんに
 

f:id:bpj0236:20190324144059j:image

オーストラリアの2大スーパーマーケットの1つウールワースもあります。なので車がなくても徒歩で必要なものは買い揃えられます。まぁ車があるに越したことはないですが!
 
シェアハウスでの生活
 
そして今は職場のコンストラクターから紹介されたシェアハウスに住んでいます。
シェアメイトは
日本人の女の子×1
台湾人の女の子×1
オーナーのオージー男性×1
と私たちです。
 

f:id:bpj0236:20190324144113j:image

こちらリビングルーム
なかなか広くて開放感あります。
テレビではゲーム(Xbox)ができたり、Netflixがみれます。これは嬉しい!
 

f:id:bpj0236:20190324144120j:image

こちら私たちの部屋。
ほどよい広さのこの部屋は大きな窓と、収納スペースも完備されていて個人的には満足してます。
 

f:id:bpj0236:20190324144137j:image

生活感がでてますが、机も完備。
以前のファームで住んでいたキャビンに比べたらさすが家です、住みやすさ抜群。
 

f:id:bpj0236:20190324144153j:image

こちらはキッチン。
料理するのに一通りの器具は揃ってます。そしてこの家冷蔵庫が3個もあり、なんと私たち専用の冷蔵庫まで用意されてました。オーストラリアを感じます笑
 

f:id:bpj0236:20190324144213j:image

週末の時間のあるときは好きな食べ物を料理し、幸せを噛みしめてます。
 

f:id:bpj0236:20190324144159j:image

もう1人のシェアメイトを紹介し忘れていました。黒猫のキキです。日々私たちに癒しをくれる、気まぐれツンデレ系のお猫さまです。
猫好きの私たちとしては最高の環境です。
 
シャワートイレが1つづついて、もちろんWi-Fiも完備です‼︎ありがたい‼︎
そんな住みやすさ◎のこのシェアハウスですが、気になるお家賃は1人様すべてこみこみで1週間120ドルになります‼︎
日本円で9400くらいでしょうか。
おそらく高すぎず安すぎず、無難な値段だと思います。
今のところ問題なく快適なオーストラリアライフを送れています。
 
 
最後に私たちの利用している町のサービスの話をして終わりたいと思います。
f:id:bpj0236:20190401092233j:image
ミートファクトリーのある町のトンガラには、コミュニティーセンターがあり、週末1回英語の授業が無料で受けられます‼︎これはありがたい。
この間始めて授業に参加してきましたが、生徒は私たちしかおらず、完全マンツーマンで2時間オージーの先生相手に授業を受けることができました。まぁこの日だけだと思いますが。
しかもフリーWi-Fi、フリーコーヒー&紅茶まで提供されます。ビンボーワーホリ民には最高の環境です。これは通うしかありません。f:id:bpj0236:20190401092332j:image
私たちの町だけでなく、ほかの町でもこんなサービスを受けられるかもしれないので、低予算での英語勉強方法の1つとして、コミュニティーセンターの情報を探してみるのといいと思います。
 
これからは仕事と英語とオーストラリアライフを両立できるようがんばって行きたいと思います。
現場からは以上です!!