*アラサー旅行記*

日本で2年半の遠距離恋愛を経てアラサーカップル初の海外旅行へ!!旅の日記と情報を上げています。

アラサー旅行記

オーストラリアの物価は高い?実際にかかった今までの生活費をご紹介!

スポンサーリンク

はい今回は実際にオーストラリアでかかった生活費はいくらになったのか??というところをご紹介していきたいと思います!
こっちに来る前はさぞかし物価が高いんだろうなと思っていましたが、以外とそんなこと無いかもしれません笑
もちろん僕らの生活は質素倹約を基本としていますが。。。
では早速月毎に支出を見ていきたいと思います。
 
支出の金額は2人分です。
 
 

☆1月の支出

なんと1ヶ月で10万ちょいに収まりました。
と言うのも1月中はチェリーシーズン真っ只中!!
ほぼどこにも行かず毎日チェリーを取りまくっていました。
住んでいたのもファーム内にあるキャビンで家賃を押さえられたのも大きかったです。
車も持っていなかったので買い物は基本的にヒッチハイクで行っていました笑
タスマニアの人々は優しくて大体10~30分で成功していたので生活するだけならもしかしたら車は要らないかも。。。?
 
内訳
  1. 家賃47000円(1人75ドル/週)
  2. 食費40809円
  3. 交際費8300円
  4. 通信費3670円
  5. 日用品1390円
 

☆2月の支出

この月は車を買ったのでこんな感じになっています。
でもまぁ車を買ってもこれですんでるとも言えますよね笑
車のエンジンオイルなんかはもと整備士の友達に手伝ってもらって自分達でやったので安くついてます。
またチェリーシーズンが終わって時間もあったので出かけることも増えていました。
次の職場用に打ったQfeverの予防接種も高かったっす。。。
交通費は主にタスマニアからメインランドに渡るフェリー代です。
 
内訳
  1. 車関係182054円(車本体152000円、車両登録料6104円、エンジンオイル+クーラント液交換4000円、他ガソリン代)
  2. 家賃54000円(1人75ドル/週)
  3. 食費40865円
  4. 交通費30330円(フェリー代29300円)
  5. 交際費18770円
  6. 予防接種16400円
  7. 日用品9170円
  8. 通信費4800円
  9. 服飾3300円
 

☆3月の支出

 
この月にタスマニアからメインランドに移動しました。
家賃が上がったのとガソリン代がかさんでいるのが痛いところ。。。
また車のタイヤを3本新品に代えたのとQfever の予防接種がこれまた財政を圧迫してます。。。
※Qfeverは一度スキンテストを受け、その翌週に本チャンの予防接種になるためこれだけお金がかかってます。
 
内訳
  1. 家賃59500円(1人120ドル/週)
  2. 食費35599円
  3. 車関係33890円(タイヤ20150円他ガソリン代)
  4. 予防接種30000円
  5. 日用品9050円
  6. 通信費4800円
  7. 服飾1970円
  8. 交際費1400円
 

☆4月の支出

現在まだ22日ですがこんな感じになっています。
やはり家賃が高い!!でもWIFIがあるので携帯のSIMを安いやつに代えれました。
あとは車の任意保険に加入したので車関係ですね。
食費なんかは以外に日本よりも安く押さえられています。
 
内訳
  1. 家賃95000円
  2. 車関係31635円(任意保険12300円/年)
  3. 食費27735円
  4. 交際費6280円
  5. 日用品4385円
  6. 通信費2394円(1人15ドル/30日)
  7. 服飾810円
 

☆まとめ

もちろん先進国であるオーストラリアの物価は高いです、が!日本よりも安くサービスが充実しているものもいっぱいあります。
スーパーの物価は前にご紹介しましたが、日本と同じかちょい安い位ですし、携帯のsimカードなんかは比べ物にならないくらい安く簡単に使うことが出来ます。
車の任意保険も安いものは月換算すると15ドルとかです。
それなのに仕事でもらえる時給は日本の倍以上あります!!
やはりオーストラリアはお金をためるのには申し分ない国と言うことが出来ると思います(^^)
 
現場からは以上です。
では!!