*アラサー旅行記*

アラサーだって旅に出たい!と勢いで日本を飛び出したバックパッカー歴早2年のカップルのブログです。現在はオーストラリアにてワーキングホリデー中!旅情報やお仕事情報なんかを発信しています。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

日本を感じたパラグアイ旅のおすすめスポット3選を紹介!!

f:id:bpj0236:20190520103017j:image

 

今回は南米振り返り記事、パラグアイ編です‼︎
 

パラグアイってどんな国⁇

f:id:bpj0236:20190520101711p:image

パラグアイはアルゼンチン・ボリビア・ブラジルに囲まれた内陸国です。
実は日本との関わりが深く、第二次世界大戦後に移住した日本人が沢山いて今も日本人町が所々に残っています。
現在パラグアイの大豆の輸出は国内でも重要な収入源になっているのですが、なんと最初に大豆を育て始めたのが移住した日本人だったりします!!日本人すごい!!
気温は常夏!!冬の時期に差しかかったチリからパラグアイに飛行機で飛んできた私たちは、気温差にビックリ。チリではマフラー手袋をつけていたのに、ここ南国か!ってくらいパラグアイは暖かかったです。
南米旅行する日本人のなかで、パラグアイは長旅の疲れを癒す国と呼ばれといるけど、納得。パラグアイ入国した瞬間、この暖かさに心が緩んだ記憶があります。
通貨はグアラニーです。
 
パラグアイのグルメ
正直パラグアイではあまりパラグアイ料理とか食べずに日本食ばかり食べていました笑

f:id:bpj0236:20190520103017j:image
【うどんと唐揚げ弁当とか最高かよ!】
 
が、パラグアイ飯も悪くないですよ!!
基本的には米とチキンと芋って感じでわりと美味しかったです!

f:id:bpj0236:20190520103211j:image
【大胆に丸焼きチキンを焼いている店】
 

f:id:bpj0236:20190520103248j:image
【炒めた米とチキンと干し芋定食】
この干し芋が個人的に大好きな味でした!
 
パラグアイの物価
ボリビアやペルーと同じくらいで南米諸国の中では安いです!!
ご飯は一食200円くらいで食べることができますし、宿は1人500~600円くらいであります。
一度パラグアイ~ボリビアに抜ける時間通りにつけば24時間という乗車時間を誇る地獄の夜行?バスに乗りましたが1人7000円くらいでした。。。
 
パラグアイの治安
ブラジルとの国境の町であるパラグアイの秋葉原ことシウダ·デル·エステ市は治安が悪いことで有名らしく殆どの店が夕方16時には店を閉めます笑。。。
正直治安が悪いと感じるようなことは無かったのですがあまり夜は出歩かない方が良いでしょう。
その他は問題ないとは思いますが貴重品は必ず内ポケットに入れておきましょう!
 

おススメ3位

 
イグアスの滝
 

f:id:bpj0236:20191007141321p:plain
f:id:bpj0236:20190520101253j:image

 
イグアスの滝はアルゼンチンとブラジルにまたがる大きな滝ですが、私たちは日帰りでブラジルサイドを見に行きました。パラグアイのおススメといいながら、正確な場所はブラジルですが、、、
 

f:id:bpj0236:20190520101307j:image

常に滝に虹がかかっていて美しい!そしてめちゃくちゃ気持ちよかったです‼︎

f:id:bpj0236:20190520101319j:image

 
写真だと大迫力!のように見えますが、これまで南米の壮大な景色をみすぎて目が肥えてしまったのか、正直イグアスの滝は私の想像を超えてはくれませんでした笑 き、きれいだったけどね!
勇貴くんは滝は所詮滝だといって、私がイグアスの滝にいきたがっているのを全否定してきましたが、すこし当たっていたのが残念でした笑
その結果アルゼンチン側のイグアスの滝は見に行かないという結果になったのも、今となってはいい思い出。
 

f:id:bpj0236:20190520101335j:image

【滝はしょせん滝 by 中村勇貴】
 
園内は無料のシャトルバスがでており、これに乗って自然の中を走るのも気持ちよかったです‼︎

おススメ2位 

 
日本人宿“民宿小林”

f:id:bpj0236:20190520101349j:image

パラグアイに旅行にくる日本人に有名な日本人宿“民宿小林”
私たちははここでのんびりだらだらライフを5日くらい送りました。
 

f:id:bpj0236:20190520101401j:image

民宿小林にはたくさん猫に癒されまくっていました。

f:id:bpj0236:20190520101413j:image

見渡せば猫

f:id:bpj0236:20190520101428j:image

猫猫猫

f:id:bpj0236:20190520101440j:image

そして犬
ここは宿を経営しているご夫婦のキャラクターが素敵で、そのご夫婦にも癒されていました。

f:id:bpj0236:20190520101452j:image

民宿小林の周りにはなんにもありません。ただひたすらに赤い土の道と、野っ原があるだけです。でもこの田舎感にほっこりさせてもらいました。

f:id:bpj0236:20190520101505j:image

日が暮れていくさまも美しい。
民宿小林にある漫画を読み漁り、お茶を飲みながら夕暮れ時をすごしたのはいい思い出です。
 

f:id:bpj0236:20190520101531j:image

夜ご飯は決まってお母さんの作るご飯を食べれるのも、楽しみの一つ!
この写真はすき焼き!
 

f:id:bpj0236:20190520101518j:image

とにかく心と体を癒せる場所、そうそれが民宿小林!!

おススメ1位

 
イグアス居住地
 

f:id:bpj0236:20190520101546j:image

イグアス居住地はパラグアイにある小さな日本人村といった感じでしょうか。
とにかく日本が恋しくなったら、ここに来るべきです。
 

f:id:bpj0236:20190520101558j:image

生協が一軒あり、日本食をゲットすることができます!あんぱんと納豆を買えた時はめちゃくちゃ感動しました。
 

f:id:bpj0236:20190520101611j:image

日本の幼稚園もあります。
見慣れた文字があるって、やっぱりホッとしますね。
 

f:id:bpj0236:20190520101622j:image

そしてこのイグアス居住地でも有名な日本人宿“ペンション園田”があり、ここでもダラダラのんびりライフを過ごしました。
 

f:id:bpj0236:20190520101647j:image

ペンション園田では宿のお母さんに頼むと、日本食を作ってくれます‼︎
材料費を払うだけでこんな豪華なご飯を食べることができます。
 

f:id:bpj0236:20190520101659j:image

この日はすき焼きで、味はもちろん最高でした。生卵を食べれるのにも幸せを感じました。
 

f:id:bpj0236:20190520101634j:image

また日本食レストランもイグアス居住地内にたくさんあるので、外食するのも楽しみの一つです!

さいごに

 
パラグアイでの2週間ほどの滞在では、日本食を食べ、漫画を読み、十分な睡眠をとり、散歩にでかけ、出会った日本人とおしゃべりをするだけの生活をして送っていました。居心地がよすぎで危うく沈没するところでした笑
とにかくスローライフを送れる場所、そつそれがパラグアイ!
親日な人も多くて宿の道が分からなくて迷ってたら「俺が車で連れていってやる!!」みたいな感じで見ず知らずの日本人のために車を出してくれたりしました。
観光地ではありませんが旅していて居心地が良い国だなと感じました(^^)
 
現場からは以上です!