*アラサー旅行記*

アラサーだって旅に出たい!と勢いで日本を飛び出したバックパッカー歴早2年のカップルのブログです。現在はオーストラリアにてワーキングホリデー中!旅情報やお仕事情報なんかを発信しています。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

マチュピチュだけじゃない!!ペルーの絶景おすすめスポット5選を紹介!!

 

 

【黄昏アルパカとマチュピチュ】
今回は僕らが南米旅最後の国として訪れたペルーのおすすめスポットをご紹介していきたいと思います。
言わずと知れたマチュピチュやナスカの地上絵等のインカ文明の遺跡やらなんやらで有名な国ペルーですが他にも魅力一杯の山や遺跡スポットがありました!
そんな山好きや遺跡好きには堪らないインカ帝国なペルーの僕らの個人的ランキングをご覧ください!!
 
 

☆ペルーってどんな国?

南米大陸の北西に位置する小さめの国です。
言語はもちろんスペイン語なのですが、観光地だけあって南米諸国の中では英語が話せる人が多かったような気がします。
結構な山岳地帯なので長距離バスがしんどかったです。。。
通貨はソレス。
 
ペルーの食事事情

【メルカド(マーケット)の食堂】
 

【1ソレス30円くらいなので一食150円くらい】
見た目も使われている食材もボリビアと似てはいますが何を隠そう南米飯の中で僕が唯一ダメだったのがペルー飯!!
パクチー率が高いペルー飯はパクチー嫌いの中村にとってマジ悪夢でした。。。
 

【一見美味しそうに見える??】
 
もうペルー飯食えねーよ!!ってなった中村を救ってくれたのが「チファ(中華料理)」でした!!

【見た目も中身も美味しかった!!】
ペルーでは何処にでもあるこのチファなのですが、中には本当にレベルが高い店もあってチャーハンは唸るほど美味しかった。。。
どれだけ中華料理に救われたかわかりません笑
皆さんもペルー飯に飽きたらチファでチャーハンを食べよう!!
 
ペルーの物価
上で写真にあげたようにメルカドとかの食堂で食べると一食辺り150~200円くらいで食べることができます!
チファはちと値が上がり300円くらいだけどそんなもんいくらでも払ったるわ!!って感じでした笑
宿は場所によって1人500~600円くらいからあります。
夜行バスも2000円ほどとボリビアと同じくらいの物価の安さでした(^^)
 
ペルーの治安
もちろん場所に寄りけりなのですが、首都のリマに行く方は地域によってかなり治安が悪そうなところがあったので注意!!
昼間からホームレスがシンナー吸ってたり、たちんぼ(売春婦)が結構強引に客引きしたりしてました。
糞尿の臭いもキツかったし正直オススメ出来ません( ´_ゝ`)
それ以外の街では結構夜に出歩いても問題無さそうな感じだったので、まぁどこの国も同じですが都市部に行く際は注意しましょう!
 

☆おすすめはしないけどマチュピチュについて

 【入園時間間近の混み具合。。。】
ペルーと言えばマチュピチュ。マチュピチュと言えばペルーと言っても良いほど有名なこの観光地ですが個人的にはおすすめ度△
アクセスは悪いし人は多いし入園料高いし観光地化され過ぎててペルー政府の手のひらの上で転がされている感じがしました笑。。。
まぁペルーっぽい写真は撮れるのでせっかくならという人向けのスポットでした( ´_ゝ`)
このマチュピチュに行くか行かないかでまさえさんと喧嘩しました笑

【マチュピチュに対しても攻めの姿勢を崩さない細川氏】
 

☆おすすめスポット5位

カハマルカ
どこやねん!!聞いたことねーよ!!って方も多いと思いますがペルー北部にある天然温泉に入れる街です!!

こちらバニョス·デ·インカという温泉施設。お値段なんとお一人様200円\(^^)/
写真の川も天然温泉です!
 

風呂は個室でこんな浴槽にお湯を溜めて くれます。温度はちょっと熱めでトレッキング後の身体に染みました( ´_ゝ`)
 

この街では乳製品も名産になっておりチーズとヨーグルトは絶品!!
オススメは飲むヨーグルト!!グビグビいける!!
 

旧市街は石畳に白壁の建物でどこかヨーロッパっぽい町並みでした。協会なんかも多くて雰囲気も良かったです!
 

☆おすすめスポット4位

トルヒーヨ
これまた聞いたことねーよ!!って感じだと思うのですが、ここはチャンチャン遺跡や太陽と月の神殿等で有名な街です。

【チャンチャン遺跡】
日干しレンガで作られた遺跡で世界遺産にも登録されています。
チャンチャン=輝ける太陽と言う意味だそうです。
保存されていますが段々と風化が進んでしまっているので行くならお早めに!!
 

【月の神殿ワカ·デ·ルナ】
こちらも広大な敷地面積を誇るレンガ作りの神殿で、繊細な壁画が綺麗でした!
本当にこんなんよく作ったよなぁと思いますよねー。
 

トルヒーヨの旧市街はこれまたヨーロッパ風でオサレ度高めでした!
夜でも明るいし人通りも多いのでライトアップされた街をうろつくのが楽しかったです笑
 

こんな大聖堂があったりしました。
ゴージャス!!
 

☆おすすめスポット3位

クスコ
言わずと知れた超観光地クスコ!!
旧市街はマジでオシャレ!!
岩作りの街はホントに見応えがありました。

結構な数の教会がありますが中には入るのに有料なとこも多かったです。
中は撮影禁止なので写真はないですがどこもゴージャスでステンドグラスが美しかった!
 

こんな感じで街は全体的に洗練された美しさです、が!
 

メルカド(マーケット)はこんな感じでペルーの暮らしを感じられる雰囲気が溢れていました。
 

☆おすすめスポット2位

レインボーマウンテン
クスコから日帰りのツアーが出ているのでアクセスは◎

レインボー!!ではないけど笑
カラフルマウンテンってとこですね!
標高は5000mを越えているのでかなりしんどいですがツアー料金も高くないし見たこともない景色には違いないのでおすすめです!
 

こんな道を3時間位ダラダラ歩くだけなので運動靴があれば問題なしです!!
 

レインボーじゃないところも普通に綺麗でしたよ!!
 

☆おすすめスポット1位

ワスカラン国立公園サンタクルス谷
全行程3泊4日のトレッキングで最高高度は4750mになります。

 
アクセスが良いとは言えませんが、ワラスよりツアーも出ていますし、道中に難所もないので初心者でも十分楽しめるコースだと思います!

【ツアー客の荷物を運ぶロバ太郎】
 

すっかり山女になった細川氏。
このサンタクルストレッキングは星空がきれいに見える有名で、夜にはこれでもかって程の星を拝むことが出来ます。
 

こちらがペルー最高峰のワスカラン山!!
ここからの景色はマジで感動しました!!
ワスカランに登頂するツアーもあるので自信がある方は挑戦してみてはいかがか!!
 

☆最後に

 中村的には初めてここまでご飯が合わない国だったのですがペルーにも1か月ほど滞在していたので後半は結構しんどかったです笑
サンタクルスのトレッキングの最寄りの町ワラスには2週間ほどいたのですが標高が3000mほどで標高のせいで困った時のパスタさえもおいしく茹で上がらなくて本当にしんどかったです笑
結論ご飯が合わないと日常は結構しんどくなるって事がわかりました笑。。。
ちなみにまさえさんは別に普通って言っていたので単純に僕の口に合わなかったってだけですのでご安心ください。
まあ最終中華料理がありますのでペルー飯を恐れること無かれ!!
物価は安いし、山は綺麗だし、遺跡もあってローカル民が着ている民族衣装なんかが南米の雰囲気を感じさせてくれるいい国でした!!
見どころ一杯の南米ペルーを是非一度訪れてみてはいかがでしょうか?
 
現場からは以上です。
では!!