*アラサー旅行記*

日本で2年半の遠距離恋愛を経てアラサーカップル初の海外旅行へ!!旅の日記と情報を上げています。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

正直アンコールワットしかない!?カンボジアのおすすめスポットを紹介!

 

今回紹介するのはカンボジアのおすすめスポットなのですが、滞在期間が短くて正直アンコール遺跡くらいしか行っていないので、ランキングと言うよりは普通に行ってみて良かった場所を紹介していきたいと思います笑。
 

☆カンボジアってどんな国?

カンボジアは私の中ではアンコールワットのある国!
これに尽きます笑。
首都はプノンペンで公用語はクメール語。通貨はリエルです。ただリエルよりもアメリカドルのほうが流通しており、観光地ではまず間違いなくドルが使えます。
※ただ汚いドル紙幣だと受け取ってもらえなかったり、低いレートで計算されてしまうので、少しはリエルを持っていた方がいいかもしれません。
 
自分の国の通貨よりもアメリカドルが流通しているなんてなんか不思議。
その通貨のこともあって、カンボジアは他の訪れた東南アジアの国のどこよりも貧しい印象を受けました。インフラ設備があまり整っていないのと、首都プノンペンはほんとうにこれが首都なのか!というほど発展途上な感じでした。
 

☆カンボジアのグルメ

醤油ベースのライスヌードル。フォーよりも麺に弾力があっておいしかったです。
なによりオクラが入っているのが◎◎◎
写真のこんにゃくみたいなのは牛の血を固めたゼリーのようなもので、柔らかいレバーのような味でした。苦手な人も多いかもしれません・・・。
 

チャーハンは爆発的においしくはないけど値段も安くてまあまあって感じでした笑。
どの店も大外れってところは無いかと思われます。
 

またこちらはカンボジア名物のバロット。一見ゆで卵と見せかけて、孵化する前のヒヨコが入っているんです。まさに珍味!ベトナムのホビロンと全く同じものです。
私は怖くて食べれませんでしたが、味はおいしいらしいので興味のある方はぜひお試しあれ!!
 
☆カンボジアの治安は?
もちろん場所によりけりですが、例えばThe観光地のシェムリアップのナイトマーケットなんかは夜でもネオンピカピカで人通りもすごい多いので悪い印象は全くありませんでした。
行く場所と、時間帯さえ気をつければまず問題ないと思います。
ただカンボジアで面倒くさいのが出入国の際に超ナチュラルに要求される賄賂。
5ドル~10ドルが相場で、払うのを拒否してもめている内にバスが出発してしまい国境で置いていかれたって人も実際にいますし、出入国のスタンプを嫌がらせでちゃんと押してもらえず後々面倒になった等々本当に厄介です。。。
こればかりは仕方ないと割りきって払ってしまう方が無難でしょう。
 

☆カンボジアの物価は?

大体は他の東南アジア諸国と同じくらいですが、宿の値段は一番安かったです。
なんと一泊2ドルという安さのお宿もありました。しかもそんなに悪くなかったし。。。
ただアンコールワットの値段はバッチリ値上がっており、20ドル→37ドルとほぼ倍の値段になっていました涙。
これ以上すぐに値上がりすることは無いとは思いますが、行くならお早めに!!
 
それではおすすめスポットをご紹介したいと思います!
 
 
☆おすすめスポットその1

首都プノンペン

カンボジア旅行にきたらまず訪れるであろうプノンペン。交通量が多く、近代な建物からローカルなマーケットが立ち並び、たくさんの人が行き交っていました。
 

こちらは市内の中心にある宝石売り場です。中ではたくさんのジュエリーが売られていました。地元の人というよりは中国系の観光客が目につきました。
写真はありませんがこのほかにもショッピングモール的なビルもあり私はトイレだけ利用していました笑
 

市内から少し外れると寺院が立ち並び、カンボジアらしさを感じられます。
 

またいたるところに移動式のカフェがあり、お茶を楽しめます。
カンボジア人はなかなかオシャレです。
 

カフェラテを頼んだら、なぜか紅茶もサービスで付いてきました笑。
カンボジアの人は暖かいです。
 

プノンペンではメコン川が拝めます。川沿いはきれいに整備されており、川こそきれいではありませんが、その雰囲気はどこか癒される場所で、観光客も地元民ものんびりと時間を過ごしていました。
 
おすすめスポットその2

アンコール遺跡群

もうカンボジアといったら、これしかないですよね。

※アンコールワットを前にしても攻撃的な姿勢を崩さない中村氏
 
アンコールワットと一口に言ってもめちゃくちゃデカイです。いろんな遺跡が散らばっており、アンコールワットはその遺跡の一部なんです。全部みるには丸1日かかると思います。私たちは行きたい場所を絞って、1日かけてレンタルバイクでゆっくりと遺跡巡りをしてきました。

※緑色の敷地はすべて遺跡群
赤・青・黄での丸で囲っている場所が、私たちが訪れた場所
 
アンコールワット

地図の青丸です。
The アンコールな景色を拝めるスポットなので、ほとんどの観光客はまずここにきてるはず。もちろん私たちも行ってきました。
 

※The アンコールワット
 
私の写真センスがないのでアンコールワットの美しさがちゃんとお伝えできませんが、きれいでしたよー!アンコールワットで朝日を見ようツアーなんかもあるらしく、それはもっと美しいんだろうなぁ。
でも朝5時起きとかなんでちょっと面倒くさくて行きませんでした笑。

 

 

アンコールワットは建物に施されている彫刻が美しく、遺跡内を歩いているだけで楽しかったです。現代の建設技術がない時代にこんな立派な建物を、人間が建てたかと思うと、、、ロマンを感じますね。
 
アンコールトム遺跡

なかでもおすすめはバイヨン寺院!
 
 

バイヨン寺院ではこの顔がいたるところに施されており、アンコールワットとは異なる魅力があります。クメールの微笑みとか言われているそうで、なんとも癒される顔をしてました。でも夜とかに行ったら絶対怖いこの遺跡・・・。
 
個人的にはアンコールワットよりアンコールトムのほうが好きでした。
アンコールワットよりも人が少なくて落ち着いているののも良かったです。
 

 
★タ・プローム遺跡
そして最後のおススメスポットがタ・プローム!!
ここも一度はガイドブックでみたとこがある人が多いのではないでしょうか?
 

ここタ・プロームでは巨大なガジュマルの木が遺跡を侵食していることで有名。
 

この木の成長を見てください‼︎
この木が遺跡を喰っている感じが、たまらなくよかったです。個人的にはアンコールワット遺跡軍のなかで1番よかった。
 

天空の城ラピュタにでてきそうな世界観は一見の価値あり!!
人はアンコールトム遺跡よりも少なくなり中々の廃墟感漂う素敵スポットです。
 
結果私たちはこの3ヶ所を1日かけて遺跡巡りしました。行った季節が夏で暑かったこともあり、すぐにヘトヘトになりましたが、充実感がありました。
アンコールワットだけ見て帰ってしまうのはもったいないので是非是非アンコールトム遺跡やタ・プローム遺跡も一緒に見て回ってみてはどうでしょうか?
 

☆最後に

カンボジアのおすすめスポット!と謳いながらも紹介したのは結局、首都プノンペンとアンコールワットになってしましました。がこれが事実です笑
カンボジアはこの2つくらいしか観光する場所はありません‼︎(個人的には)
ですがアンコールワットの遺跡はロマン溢れまくってますし、今も多くの観光客が訪れる場所であることは間違いないです。興味のあるかたはぜひ訪れてみてください!
 
 
現場からは以上です!