*アラサー旅行記*

アラサーだって旅に出たい!と勢いで日本を飛び出したバックパッカー歴早2年のカップルのブログです。現在はオーストラリアにてワーキングホリデー中!旅情報やお仕事情報なんかを発信しています。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

オーストラリアのメルボルンにて日本製品をまとめ買いスポットをご紹介!

f:id:bpj0236:20191027161601j:plain

今回は私が日本製品を買いにずっっっと行きたくてしょうがなかったメルボルンについての記事を書こうと思います!

若いコリアンたちは月2で金曜の仕事終わりに夜走りしてメルボルンで遊んだりしてますが、そんな元気がない私達( ´_ゝ`)
しかも街で買い物とかがこの世で一番嫌いな中村氏もいるお陰でメルボルンから3時間ほどのところに住んでいるのにタスマニアから移動してきたときに通りすぎただけで全然散策出来ていなかったんですよね笑。
と言うことで6月の半ばにあった3連休の時に私が「メルボルン行きたいメルボルン行きたい行きたいメルボルンに連れていけ」と騒ぎ立てて連れていってもらいました笑

メルボルンの場所

f:id:bpj0236:20191027161507p:plain

メルボルンはオーストラリアのビクトリア州の州都で、世界でもっとも住みやすい都市に6年連続で選ばれているオーストラリア第2の都市です。
 

f:id:bpj0236:20191027161718p:plain

青丸の今私達が住んでいるカヤブラムという街から車で片道約3時間です。
 

スポンサーリンク

 

市内の様子

市内はもちろん近代的で高層ビルが立ち並んでいますが、教会や昔ながらの建物もまた多く存在します。

f:id:bpj0236:20191027161741j:plain【市内からの眺め】

 
南半球で1番大きいとされてるクイーンズビクトリアマーケットがあったり、チャイナタウンがあったり、多国籍でいろんな人種が住みやすいのもメルボンならでは。
 

f:id:bpj0236:20191027161759j:plain【市内を走る近代的なトラム】

 
また市内には無料で乗れるトラム(路面電車)もあり、交通の面でもお財布面でも優しいのが◎
日本との時差が1時間(サマータイム時は2時間)というのも魅力の1つです!
 

チャイナタウンの様子

メルボルンについてまずは腹ごしらえ‼︎ということでさっそくお昼ご飯を食べにいきました。決めたお店はここ

f:id:bpj0236:20191027161843j:plain

小籠包が激うまで有名な〝Shanghai Street Dumpling〟にしました。メルボルンのおススメランチを検索したら、1番上にでてきたので、きっと美味しいはず!
 

f:id:bpj0236:20191027161907j:plain

お店の外側からからは、小籠包を大量生産するスタッフの姿が。

f:id:bpj0236:20191027161928j:plain

人気店なようで外には行列ができており、中もお昼時ということでお客さんがびっしり!
 

f:id:bpj0236:20191027161953j:plain

さっそく小籠包を注文しました‼︎

f:id:bpj0236:20191027162015j:plain

その他にもチャーハンと海鮮焼きそば的なものを注文。

f:id:bpj0236:20191027162037j:plain

【空腹時のクレイジー中村】
 
正直な感想をいうと、小籠包はめちゃくちゃ美味しかった‼︎で残りのものは普通でした笑 次は小籠包を食べるためだけに来ようと思います。
 

f:id:bpj0236:20191027162136j:plain

ちなみにこの小籠包屋さんはチャイナタウンタウンのすぐそばにあるため、この辺りはいろんなアジアンショップがあります。
そこでたくさん見かけたのがタピオカミルクティーのお店です‼︎
 

f:id:bpj0236:20191027162421j:plain

もう飲むしかありません。タピオカミルクティーのお店がなくても、日本だったらコンビニで買えますがオーストラリアは違います。大蔵大臣の中村氏に拝み倒してタピオカミルクティーをゲットしました。これで私の食欲は満たされました。さぁやっと待ちに待った買い物タイムです‼︎
 

スポンサーリンク

 

メルボルンで日本製品が買えるお買い物スポット

私の今回のメルボルン滞在の目的、それはそうショッピングです‼︎日本製品を求めてメルボンへやってきました。メルボンはさすが都市なだけあって、かなり大きいアジアンマーケットがあり、日本製品もかなり充実してるとききました。
化粧品やら食べ物やら、いろいろと買い揃えたいものがあり、また三連休もあったので念願のメルボルン行きが決まりました。下記は私がメルボルンで訪れたお買い物場所をまとめたものです↓

DAISO

100円ショップでおなじみのダイソーがメルボルンにはあります‼︎

f:id:bpj0236:20191027162511j:plain
メルボルンすごいぃぃ!!

残念ながら100円均一ではなく、メルボルンのダイソーは2.8ドル均一になります。今のレートだと210円くらいです。少し高いですが馴染みのある製品を買えるのは本当にありがたいです。
 

f:id:bpj0236:20191027162545j:plain店内の雰囲気は日本のダイソーそのもの!日本でお買い物している気分が味わえます。

 

f:id:bpj0236:20191027162613j:plain見慣れたお菓子がたくさん‼︎

また一部の商品は2.8ドルでない値段で売られています。
 

f:id:bpj0236:20191027162641j:plain
例えばスキンケア用品。化粧水やらフェイスパックなど。値段では日本で買うより2〜3割くらい高い印象。

 

f:id:bpj0236:20191027162704j:plain

この洗顔料はダイソーで10.50ドルで売られています。日本円で800円弱くらい。でも日本で買ったら300〜500円くらいで買えなかったけ?やはり少し割高です。
 

f:id:bpj0236:20191027162732j:plain

女性には嬉しい日本の生理用品も売ってました‼︎こちらも2.8ドルじゃないけども。オーストラリアの生理用品でも問題ないのですが、やっぱり日本の生理用品のほうが質はだんぜんいいです。
 

f:id:bpj0236:20191027162751j:plain

タンポンも売ってます!欲しかったけど少し高かったので断念。。。
 

f:id:bpj0236:20191027162935j:plain

↑こちら私の戦利品
・散髪用スキバサミ  $2.8
・ボディータオル      $2.8
・ホッカイロ貼る用  $2.8
・キットカット抹茶味  $6.80
・パーフェクトホイップ洗顔料  $10.50
 
キットカットと洗顔料が高くつきましたが、ずっと日本の洗顔料が欲しかったので大満足です。

 無印良品

f:id:bpj0236:20191027163015j:plain

無印良品もメルボルンにあるんです。、あぁ〜ありがたや。
 

f:id:bpj0236:20191027163035j:plain

こちらもダイソー同様に日本の無印良品そのもので、この雰囲気は私を安心させてくれます。
 

f:id:bpj0236:20191027163108j:plain

無印良品での目的はスキンケア用品を買うこと!!オーストラリアはオーガニック大国と言われていて、自然のものしか使っていない化粧品やスキンケア用品がたくさん安く手に入るのですが、どうも私の肌に合うものがなく、乳液なんかはぬるとヒリヒリしてしまうものが多かったので、1度使ったことのある日本のスキンケア用品がどうしても欲しかったのです。
 

f:id:bpj0236:20191027163130j:plain

 無印良品のスキンケア用品は日本のころから、安いしでも質もいいので愛用してました。オーストラリアで買えるなんてありがたすぎます。まぁ少し日本よりは高いですが、、、
 

f:id:bpj0236:20191027162820j:plain

↑そしてこちらが無印良品で買った戦利品たち。
・化粧水 敏感肌用  $20
・乳液 敏感肌用     $12
・洗顔料フォーム  $16
・泡だてボール小  $2.50
 これでしばらくはスキンケアに困りません!やったぜ!
 

f:id:bpj0236:20191027163149j:plain

無印良品の製品はいろんな国の通貨での値段表があり、メルボルンの多国籍っぷりをここでも感じました。
 

運時亞洲超市

 

f:id:bpj0236:20191027163225j:plain

 こちらチャイナタウン近くにあるアジアンスーパーマーケット。品揃えが豊富だときいてやってきましたが、度肝抜かれました。
 

f:id:bpj0236:20191027163250j:plain

日本製品の品揃えはもちろんのこと、韓国・中国の商品もたくさんありました。
 

f:id:bpj0236:20191027163450j:plain

家の近くのアジアンマーケットでは置いていない、だしや調味料やインスタント系の製品。
 

f:id:bpj0236:20191027163419j:plain

餡子の缶まで置いてあってテンション上がりまくりです。
 

f:id:bpj0236:20191027163354j:plain

梅干しもある!!あぁ日本食品は私の気持ちを高めてくれます。
 

f:id:bpj0236:20191027163312j:plain

そして1番嬉しいことに冷凍納豆がメルボンには売っているんです‼︎
種類も豊富で1つ2.3ドル〜売っています。やっぱり米には納豆がないと!これを買うためにアジアンマーケットにきたといっても過言ではありません。。。
 

f:id:bpj0236:20191027162847j:plain

↑こちらアジアンスーパーマーケットの戦利品。
 
・納豆各種 $2.3〜2.5くらい
・お鍋の素スープ $4.5
・ハヤシライスのルー $4
・日清インスタントラーメン$5
 
もちろん日本よりは少し割高ですが、馴染みある日本食品を食べれることは心にもからだにも良いエネルギーになります。
 

さいごに

まだまだ買いたいものはたくさんありましたが、大蔵大臣の相方勇貴くんにとめられここまでしか買えませんでした。残念。。。他にももっといろいろなお店があったけれども、時間とお金の都合で利用したお店はこれくらい。
 メルボルンは大都市なだけあって、交通の便もいいし、いろんな国のマーケットがあるので、外国人にも優しい場所だなぁと実感した1日でした。世界の住みたい都市No.1に6年連続輝くのも納得な場所でした。
私たちの住む場所からは少しだけ遠いので、次いつメルボルンに行けるかわからないけれど、日本に帰る前に絶対また行こう!と思います笑
 
現場からは以上です!