*アラサー旅行記*

日本で2年半の遠距離恋愛を経てアラサーカップル初の海外旅行へ!!旅の日記と情報を上げています。

国際郵便EMSを使って日本→オーストラリアに荷物を送ってもらいました!【送料やかかった日数、使用時の注意点等まとめ】

 
オーストラリアにきてはや8ヶ月がすぎ、日々の生活にも慣れきったところで事件おきました。
 
コンタクトレンズをなくしました(;_;)
あぁぁぁぁー!!!
私はハードコンタクトレンズを日常的に使っていたのですが、片目を落として無くしてしまったんです。あぁショック。。。メガネで仕事することは嫌だったので、代わりのソフトコンタクトレンズを日本から送ってもらうことに決定。コンタクトのついでに恋しくなってる日本食品も送ってもらいました。
 
f:id:bpj0236:20190810142802j:image
 
そこで今回は私が利用した国際郵便のEMSというサービスを使って、いくらかかって何日で荷物が届いたのかご紹介ししたいと思います。
 

EMSサービスとは?

 
世界120以上の国や地域に30kgまでの書類や荷物を送れる、日本郵政のサービスです。
 

特徴その①速い!

f:id:bpj0236:20190810143842j:image

とにかく着くのが速い!
 
例えばアジア近郊の台湾や韓国や中国であれば2〜4日で荷物が届きます。
ヨーロッパは2〜6日ほどで。
もちろん国や地域によって日数は異なりますが、ほかの国際郵便サービスよりははるかに速く到着します。
国別の日数の目安はこちらから確認を。
 

特徴その②安心!

f:id:bpj0236:20190810143917j:image
荷物の追跡ができることはもちろんのこと、万が一の損害賠償制度も充実。
損害要償額が2万円までは無料、その後は2万円ごとに50円の追加料金を払えば上限額を引き上げることも可能。
最高200万円まで保証してもらえるので、いざという時にも安心ですね。
 

荷物を送るさいの注意点

送れるものと送れないとのが国によって違うので要確認。
例えばオーストラリアの場合は、インスタントラーメンやカレー、卵入りふりかけ果物などなど、が送れなかったりします。食品に関する規制が厳しいオーストラリア送る前には事前の確認が必要です。
こちらのサイトから確認できます。
 
 

私が送ってもらった物と送料

実家(神奈川県横浜市)→オーストラリアのビクトリア州への配達を母にお願いしました。
 
送った荷物は下記のもの↓

f:id:bpj0236:20190810110357j:image

コンタクトレンズ
目薬
毛糸のパンツ
頭痛薬 
お菓子各種
鰹節
乾燥わかめ
もち
あんこ缶
ようかん
 
総重量2.5kg
お菓子のチョイスは私と母によるもの。コンタクトレンズが目的とはいいつつも、日本食に飢えまくっているのが自分でもわかる選択ですね笑
 
下の写真は荷物の追跡情報を検索したものです。

f:id:bpj0236:20190810110350p:image

 
7/29に日本で受付してもらい、その3日後の8/1にはもうオーストラリアについていますね。
私が実際荷物を受け取ったのは8/5だったので、トータル1週間かかりました。
また荷物を受け取るまで知らなかったのですが、オーストラリアは自分の家に荷物が届くわけではなく、最寄りの郵便局に荷物が届くシステムだったので、早く気づいていたらもう少し早めに荷物を受け取れたかもしれません。
 
荷物はすべて無事に届いて、かかった値段は5,200円でした!!
高い?安い?私はちょうどいい値段かなと。
 

最後に

思っていたよりも荷物が速く届いたので個人的には値段とスピードが伴ったバランスのいい国際郵便サービスだなぁと思いました。
ただEMSはスピードに特化した国際郵便なので、そのぶんほかの郵送方法と比べると少しだけ値段は高くなるようです。それでも日本から飛行機にのってオーストラリアまで無事にこの荷物が届いたかと思うと、とても嬉しく心が温まりました(^^)母よ日本の癒しをありがとう!!
また日本郵便ではいろんな国際郵便サービスも扱っているようなので、自分の状況にあったサービスを選ぶといいと思います。

スピードと料金で選ぼう - 留学生応援ページ 国際郵便らくらくナビ - 日本郵便

 

うんざりしているファクトリー仕事もこの日本食品で乗り切れそうです。

みなさんも心の癒しを国際郵便で得てはいかがでしょうか!?

現場からは以上です。