*アラサー旅行記*

日本で2年半の遠距離恋愛を経てアラサーカップル初の海外旅行へ!!旅の日記と情報を上げています。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

【オーストラリアワーホリ】ファームジョブの探し方を紹介【保存版】

 

今回は僕たちがオーストラリアでワーキングホリデー中にどうやってファームジョブを探したのかについて紹介します!
日本でもそうかと思いますが、就活なんて所詮運です笑
なので数打って、返事が返ってきたらラッキー!!くらいに構えておいて、全然返事がなくったって一切ガッカリしないでおきましょう笑。
 

☆ファームジョブの探し方

【ファームの鬼こと細川昌江】
オーストラリアにファームジョブは本当にもう数え切れないほどあります。
車でちょっと走ると必ずと行っていいほど何らかのファームがあります。
と言うことはそこにもファームジョブがあるかもしれないってことです。
そしてそんなファームジョブを探す手段もこれまた色んな方法があります。
本記事では僕たちが実際に使った方法をご紹介していきます。
 

Step.1作物のシーズンをチェック

【ブルーベリーシーズン到来!!】
まず押さえておかなければならないのが作物のシーズンです!
ファームジョブでもっともゲットしやすいポジションがピッカー(作物を取る人)やパッカー(作物を箱詰めする人)なので作物が成ってないと話になりません!
※ファームのメンテナンス系やトラクタードライバー等は割と通年募集していますが、そう言うところは短期では仕事ができなかったり、ファームの知識や実務経験が必須なところが多く、ワーキングホリデーメーカー向きではありません。
 
Harvest Trail(ハーベスト·トレイル)
と言うオーストラリアの政府が運営しているサイトでざっくりとですが、どの町にどんな作物があっていつがシーズンなのかを紹介していますので是非とも参考にしましょう!
ただシーズンは天候によってかなり左右されるためあくまでも目安位に捉えておきましょう。
 

Step.2知り合いに紹介してもらう

【窓越しの猫に癒される細川氏】
ステップ2にしてもっとも確実に安全に最速で優良ファームを探しだす方法はこれです!
日本でもそうですが仕事なんて実際に働いてみないと良し悪しなんて分かりません!
でも働いている人から話を聞けば大体はどんな感じなのか分かります!
それにファームのオーナーもどこの誰かもわからない人を雇うよりも、すでに自分のところで働いている人の知り合いを雇う方がちゃんとした人が来てくれると考えるのでまさにWIN-WINな訳です。
しかも紹介とかだとレジュメも必要なかったりするのであらゆる面で楽です!
もし知り合いがいない場合はブログで情報を集めましょう!!
連絡先等が紹介されていなくても名前さえわかれば大体ホームページが見つかるのでそこからアプライすることが出来ます。
実際に今僕たちが働いているファームもこの方法でゲットしました!
使えるものは何でも使って情報収集しましょう!!
 

Step.3求人サイトを欠かさずチェック

人伝に探すことも大切ですが、求人広告をチェックすることも同じくらい大切です。
実際に僕たちが使ったサイトをざっと紹介していきます。
 
GUMTREE 
求人数        ★★★★★
信頼度             ★★☆☆☆
おすすめ度           ★★★☆☆
 
オーストラリアで有名どころの求人サイトと言えば真っ先に名前があがるのが
このGUMTREEと言う何でも掲示板です!
このサイトには仕事の他にもシェアハウス探しから車から何でもあります。
ただ誰でも掲載が出来るのでそこに載っている仕事(シェアハウスや車も)が良いものかは正直分かりません。
ので信頼度は少し低めにしておきました。
まぁ仕事なんて本当にその場で働いてみるまで良いか悪いかなんて分からないので運は必要なんですけどね( ´_ゝ`)
このサイトはオーストラリアのサイトなのでもちもんすべて英語表記になっていますが、使い方は簡単なので欠かさずチェックしましょう!!
 
HARVEST TRAIL 
求人数                      ★★☆☆☆
信頼度                      ★★★★☆
おすすめ度               ★★★★☆
 
先ほどシーズンチェックの章でも紹介したこのサイトはオーストラリア政府によって運営されているjobactiveが管理している求人サイトでもあります。
求人数は少ないものの、政府が運営しているサイトで違法なファームが求人掲載出来ないだろうと言うことで信頼性は高いと思います。
まぁ、これも確率的に信頼できるかなと言うことなのでご了承下さい。。。
 
Backpacker Job Board 
求人数                     ★★★☆☆
信頼度                     ★★★☆☆
おすすめ度              ★★★★☆
 
僕たちが一番積極的に使っていたのがこのサイト!
なぜかと言うと自分のレジュメやカバーレターを自分のプロフィールに保存した後はひたすら使い回すことが出来るので仕事へのアプライがめちゃくちゃ簡単だからです!!
求人数もまずまずだしざっと見ていいなと思うところがあったらアプライボタンを押すだけ。
まぁそうそう返事なんか帰ってこないですけど数打ちゃ当たるもんで何ヵ所からは返事がありました。結局行きませんでしたけど笑。
始めにプロフィールを作るのに少し時間はかかりますけど中々いいと思います。
 
Seek
求人数                        ★★★★★
信頼度                        ★★★★☆
おすすめ度                 ★★★☆☆
 
こちらもオーストラリアで有名な求人サイトです。
求人数はかなり多いしこのサイトもプロフィールを登録するとアプライ時に使い回せて便利です。
ただ掲載されている求人があまりワーキングホリデーメーカー向けじゃないかなと言う気がします。
もちろんあるにはあるのでチェックすべきですが、僕はあまり使いませんでした。
 
Agri Labor 
求人数                        ★★☆☆☆
信頼度                        ★★★★☆
おすすめ度                 ★★★★☆
 
めっちゃファームジョブに特化しているような名前ですが、ファームジョブ以外の仕事もちゃんとあります。
人材派遣会社みたいなものでアプライするとまずこの会社のスタッフから連絡がきて仕事を斡旋してもらうと言う感じになります。
仕事の掲載数は正直少ないですが、紹介料等は一切かからず無料で使えるのでとりあえずアプライすることをおすすめします!
返事が返ってくるかはこれまた運次第。
僕の場合は2週間ほどで連絡が来ました。
 
 

Step.4仕事斡旋会社へ出向く

ネットでアプライしても何にも反応がない···と言う場合はもうダイレクトに仕事を斡旋している会社の事務所を訪ねましょう!!
ワーキングホリデーメーカー向けの仕事を無料で(有料のところもあります。)紹介してくれるありがたい存在なのでとりあえず登録しておきましょう!!
仕事があればすぐにでも紹介してもらえるかもしれません。
今現在仕事がない場合でも自分の連絡先等を登録してレジュメを渡しておくと、自分の希望に沿った仕事が出たときに連絡してくれます。
僕らは登録した次の日に連絡が来ました!
使ったのは

Madec(マデック)と言う会社でこちらもjobactive と連携している所なのである程度の信頼は出来るのではと思います!
自分が狙っている町にこのような紹介所があったら是非とも足を運んでみましょう(^^)
 

Step.5バックパッカーを訪れる

バックパッカーと言うのはいわゆるドミトリータイプのゲストハウスのことで、オーストラリアではバックパッカーがその周辺地域の仕事情報をワーキングホリデーメーカーに提供する代わりに長期宿泊してもらうと言う、言わば共存体制を取っていることが多いです。
外国人との共同生活になるためプライベートもあまりなく、価値観の違いからストレスが溜まることも多くあるかと思いますが、寝食を共にすることで芽生える何かがあるかもしれません笑。
実際に働いている職場の話なんかも他の宿泊者から聞けるので情報を収集するには絶好の場所ですね!
英語を鍛えたいと言う人にも向いていますので、オーストラリアにワーキングホリデーをしているならば一度チャレンジしてみましょう!
 

Step.6ファームに突撃訪問する

【自分を鼓舞する細川氏】
さていよいよ最後の手段です。
レジュメを刷りまくり、そのレジュメ全てを配り終えるまで帰らないと言う硬い決意のもと、実際にファームのオフィスに出向き働きたい意思を伝えましょう!
電話番号が分かり、電話で英語を話すと言う高等技術が可能な人はとにかく電話をかけまくりましょう!
運が良ければ明日から来てくれなんてこともあるかもしれません 。
これも運が物を言います。
僕たちも何度かやりましたが、この方法もオーストラリアでは特に珍しいことではないので割と丁寧に対応してもらうことができました。
まぁ仕事はゲットできませんでしたけど笑
 

☆最後に

【散歩中に出くわしたイグアナ?】
初めにも書きましたが就活は運です笑!
でもその運を手繰り寄せる確率を上げるために何をすればいいのかと言うところを本記事では紹介しました。
あとファームジョブ探しであったら超絶便利なのが車です!
残念ながら車がなかったら選択肢はかなり狭まるといっても過言ではありません。
Step. 6のファーム に突撃なんて車がなかったら出来ませんしね笑。
車が無いがために仕事が決まってもすぐに移動することができなかったり、車が無くても大丈夫だけど全然稼げない所しか選べなかったり、 仕事が決まった後でもめちゃくちゃ不便だったりするのでセカンドビザ目的で最低3ヶ月はファーム生活するんだって人は車買った方がいいと思います。マジで。
車無い人をファームまでピックアップして小銭稼ぎも出来ますしね笑。
 
ファームジョブをゲットするのに思い付いた必要なことでした。
現場からは以上です!
では!!