*アラサー旅行記*

アラサーだって旅に出たい!と勢いで日本を飛び出したバックパッカー歴早2年のカップルのブログです。現在はオーストラリアにてワーキングホリデー中!旅情報やお仕事情報なんかを発信しています。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

シドニーで日本製品の購入や日本食を満喫するのにおすすめなスポットは?

f:id:bpj0236:20191027135541j:plain

 ミートファクトリーを辞めてようやく新しい仕事が見つかりました。次の仕事はたタビュラム(Tabulam)というニューサウスウェルズにあるブルーベリーファームでのピッキングのお仕事です。

その仕事が10/02からスタートで1週間弱時間があったので、移動しながらも少しはオーストラリアを観光しよう!何か美味しい物でも食べよう!!
ということでオーストラリア最大の都市シドニーで日本の製品爆買い&日本食を満喫してきたのでおすすめスポットをご紹介したいと思います!!
 

f:id:bpj0236:20191027135124p:plain
【私たちの移動計画マップ】

 

シドニーってどんな場所?

ニューサウスウェルズ州の州都で、オーストラリアの中で1番人口の多い都市です。
 

f:id:bpj0236:20191027135317p:plain
ピンクの線で囲っているのがニューサウスウェルズ州

 

f:id:bpj0236:20191027135346p:plain
シドニーはこちら。

以前に住んでいたメルボルンの近くから結構北に上がったので暑い!!

 
この街にはみんなご存知、帆の形を連想させるユニークなデザインのオペラハウスがあります。
また多くの外国人が暮らしている多国籍な都市でもあり、シドニーの人口の3分の1は移民だそうです。 
その他にも1年の内340日以上が晴天!四季はあるけども年間を通して気候が安定していることも特徴の1つです。
 

スポンサーリンク

 

市内の様子は?

都市にもかかわらず美しい海がすぐそばにあり、町のようすも穏やか。

f:id:bpj0236:20191027135423j:plain
治安が悪い印象はなく、活気ある美しい場所でした。

 

f:id:bpj0236:20191027135450j:plain
近代的でビジネスばりばりの建物はもちろん、伝統的な建物も残っていて、その組み合わせがとてもよかったです。

以前いったメルボルンもきれいだったけど、シドニーはより都会で洗練された印象を受けました。
世界で美しい都市に選ばれるだけあります。
 

交通機関について

バス、電車、トラム充実しています。
車がなくても移動に困らないです。
 

f:id:bpj0236:20191027135616j:plain
こちら電車。中はなんと日本の新幹線みたいに、二階建てになっています!

 

f:id:bpj0236:20191027135647j:plain
電車の中のようす。距離によって値段が変わりますが近い距離だったら一乗車4.5ドルくらいします。往復で買うともうすこしお得になります。

 

f:id:bpj0236:20191027135721j:plain
こちらバスの中のようす。正確な値段を覚えていないのですが、こちらも一乗車5ドル前後で乗車可能です。

個人的なおすすめは市外に車を置いて、市内は公共交通機関で移動するのがベストだと思います。シティあるあるで駐車場を探すのが大変で、なおかつ駐車料金が高いからです。
 
そんな訳でシドニー初心者の私たちが1泊2日で訪れた場所で、個人的にお気に入りになった場所をご紹介していきたいと思います!
 

スポンサーリンク

 

ド定番観光スポット

オペラハウス

やっぱりオーストラリアと言えばここでしょう。オペラハウス!

f:id:bpj0236:20191027135759j:plain
個人的にThe オーストラリアを感じる有名スポットです。せっかくオーストラリアに来たらからには1度見てみたかったんですよね〜

 

f:id:bpj0236:20191027135823j:plain
オペラハウスの前にはめちゃくちゃたくさんの観光客がいました。日本人、中国人、韓国人、ヨーロピアン、インド人、それはもうたくさん!

余裕があったらオペラハウスで上映されてる演劇か音楽会なんかも観たいなぁ〜なんて思いましたが、もちろん中村くんの許可がおりなかったので、外観だけを楽しみました。
 

 ハーバーブリッジ

オペラハウスとセットで見ることができるこちらの橋↓

f:id:bpj0236:20191027135541j:plain
1932年に開通したこのハーバーブリッジは、シドニーの街の南北を結ぶ歴史ある橋です。見て楽しむのはもちろん、徒歩で渡ることもできます!しかも無料で!

 

f:id:bpj0236:20191027135854j:plain
20分ほどで渡りきることができます。

南側→北側へアクセス入り口の場所はこちらからチェック。
北側→南側へアクセス入り口の場所はこちらからチェック。
 

f:id:bpj0236:20191027135917j:plain
のレーンでは車と電車がビュンビュン走っていてすこし怖いですが、パッと見セレブっぽい人がランニングコースとして使っていました笑

 

こちら橋からの眺め。

オペラハウスとビル群と海が一望できます。
 

f:id:bpj0236:20191027135939j:plain
もちろん車でも橋は渡れるので、シドニーらしらを感じたい人にはおすすめです‼︎

日本製品を買うならココ!!

シドニーはオーストラリア1の都市なので、もちろん日本食品を取り扱うお店がたくさんあります!私たちの癒しの日本食品を今回も爆買いしてきました。
 

東京マート

f:id:bpj0236:20191027140017j:plain
カレールー×2

柚子胡椒チューブ
釜めしの素
ふりかけ(カツオみりん味)
ふりかけ(明太子味)
納得各種×5パック
焼肉のタレ
 
これら厳選して購入してきました(^ω^)
やはり値段は日本よりは高いので、合計で43ドルしましたが大満足の戦果です笑。
 

f:id:bpj0236:20191027140039j:plain
【東京マート外観】

 

f:id:bpj0236:20191027140101j:plain
【焼肉のタレを真剣に選ぶ中村氏】 

 

f:id:bpj0236:20191027140127j:plain
店内に置いている製品はすべて日本のもので、働いている人も日本人でなんだかほっこりしてしまいました笑

 

f:id:bpj0236:20191027140249j:plain
品だけでなく食器類やら

 

f:id:bpj0236:20191027140314j:plain
調理器具やら

 

f:id:bpj0236:20191027140314j:plain
活用品も置いてあり、値段はもちろん日本で買うより2〜4割ほど高いですが、どうしても日本製品で欲しいものがあるなら、まずここで揃わないものはないでしょう。

 

【東京マートの場所】

姉川商店

f:id:bpj0236:20191027140350j:plain
魅惑の菓子パンとミルクティー!!

あんぱん
メロンパン
チョコチップメロンパン
カレーパン
ミルクティーパック(これは台湾製でどこのアジアンマーケットでも売ってます。)
をゲットしました。
パンは1個2.5~3.3ドルほどでした。
 

f:id:bpj0236:20191027140443j:plain
こちら外観。

この姉川商店も日本製品しか置いていない、日本人経営のコンビニ的なお店で、オーナーのおばちゃんがとても優しかったです。
 

f:id:bpj0236:20191027140502j:plain
【和菓子をもらいご満悦の中村氏】

 
おばちゃんからはオマケでよもぎ餅をもらいました。これが最高においしい!
和菓子って海外にいると無性に食べたくなるので、ほんとうにありがたかったです。お店こそそこまで広くないですが、菓子パンや和菓子がおいてあるので、個人的は最高のお店です:)
 

【姉川商店の場所】

この2つのお店以外にも日本製品を取り扱うお店はシドニーにたくさんありますが、基本的には品揃えはみな同じで豊富です。なのでどこのお店に行っても欲しいものは手に入ると思います。
 

日本食を堪能!

都会でしか食べれない日本食も楽しみの1つですよね。私たちも誘惑に負けて2つのお店で日本食を堪能してきました。
 

おすすめの回転寿司🍣

f:id:bpj0236:20191027140524j:plain
〝SUSHI HOTARU〟
という回転寿司のお店にランチを食べに行きました。

 

久しぶりのお寿司!テンション上がります。そしてなぜ私たちがこのお店を選んだかというと、お寿司が一皿3.8ドル均一で食べれるからなんです。今のレートで280円くらいです。

 

f:id:bpj0236:20191027140553j:plain
もちろんお寿司以外のサイドメニューは3.8ドルではないものもありますが、比較的安いほうだと思います。

注文システムも日本と同じで回ってるお寿司を取るか、テーブルにあるタッチパネルで注文するかの2択です。
 

甘エビ

 

ホタテ・はまち

 

海藻軍艦

ネタも豊富でそこそこ新鮮で美味しかったです。2人でお腹いっぱい食べて合計75ドル(5500円くらい)しました。
やっぱりお寿司は私たちを幸せにしてくれます。
 

【SUSHI HOTARUの場所。無印良品が入っているビルの2階にあります。】 

うどんは丸亀製麺!!

私は驚きました。シドニーにはあのうどんのチェーン店丸亀製麺があるんです!
 

丸亀製麺を見つけたとき、私は震えました。

 

店内の様子、メニュー、注文方法、ほぼ日本と同じです。

 

こちらメニュー一覧。なんか懐かしすぎて感動してしまいました。

 

注文したのはサーモン刺身丼&ぶっかけうどん(温)

 

牛丼&ぶっかけうどん(冷)

炭水化物×炭水化物のぶつかり合いですね。私たちの本気度がわかると思います。値段はうどんがそれぞれ5.8ドルと、牛丼6.7ドル、サーモン刺身丼8.6ドルで合計27ドル(1900円くらい)です。
 
そして肝心のお味は、、、最っっっ高においしかったです\ (^o^) /うどんがツルツルでコシがあって、ネギや生姜の薬味との組み合わせがたまらなかったです。店内に流れているJpopのBGMと相まって、なんだか泣きそうになりました笑 個人的には寿司よりも美味しかったです。
オーストラリア生活に疲れたら、日本食に癒されましょう!!!

【丸亀製麺の場所】

 

オーストラリア土産を買うならここ!!

チャイナタウンのすぐそばにMARKET CITYというモール的な建物があり、小さなお店がいくつも集まってるマーケットがあります。
 

f:id:bpj0236:20191027140633j:plain
【マーケットシティ入口】

 

f:id:bpj0236:20191027140654j:plain
ここではTシャツ、キーホルダー、栓抜きなどのTheオーストラリアのお土産を買うことができます。

 

f:id:bpj0236:20191027140716j:plain
値段もそこまで高くないので、ばらまき土産が必要な人にはピッタリだと思います。

私たちは初めチャイナタウンが目的と言っても過言ではなかったのですが、シドニーのチャイナタウンは閑散としていて魅力的な飲食店がなかったので、マークシティをぶらつきました。チャイナタウンだけでいったら、メルボルンのほうが楽しかったです。
 

【Market Cityの場所】

最後に

シドニーはなんでもある!の一言につきます笑
田舎のなんにもない場所でファームやファクトリーの仕事しかしていないワーホリメーカーにとっては、なんでもそろうオアシスのような場所です。日々の生活に疲れた人には、パーッとお金を使ってグルメや買い物を楽しむことも大切だと思います!!
お金の使いすぎには注意が必要ですが。。。
 
現場からは以上です。